英語でスポーツ

イギリス・ウィンブルドンに敬意を、テニスの服は白

こんにちは。スポーツを始めると、そのスポーツをする為のユニフォームが必要になります。

スポーツの種類ごとにユニフォームは違いますが、ユニフォームの色まで定めている場合もあります。

高貴なスポーツは品格も必要

世界中で大人気のテニスも、実は選手が着用するユニフォームは、始めは「白」で決められたスポーツです。

16世紀以降にフランスの貴族の遊戯として広まり、18世紀以降にイギリスの貴族間で大流行し、そして現在のように世界中に楽しまれるようになりました。

様々なスポーツで、ユニフォームの色はカラフルな色が多いですが、テニスの、特にイギリスのウィンブルドンで開かれる試合に関しては、選手は完全に「白一色」と決まっています。

これにはテニスならではの特別な理由があるらしいですよ。

会話

イギリス在住の竹井さんとリードさんが、テニス観戦の話をしています。会話をみてみましょう。

Mr. Read: You look upset, Mr. Takei.  Your eyes darted about.  What page are you looking at on the internet?

動揺しているように見えますよ、竹井さん。目が泳いでいますね。どのようなページをインターネットでみているのですか?

Mr. Takei: Really, Mr. Read?  I’m looking at the page of The Championships of Wimbledon.

そうですか、リードさん?私はウィンブルドン選手権のページをみているのです。

Mr. Read: Oh, do you like tennis?

おぉ、あなたはテニスが好きですか?

Mr. Takei: Not me, but my wife does.  We bought the ticket of the Wimbledon game, because the Japanese famous player plays.

私ではなくて、妻がそうなのです。日本人の有名な選手が出場するので、ウィンブルドンの試合のチケットを購入したのです。

Mr. Read: I see.  So you must be looking at his play, you are lucky.

なるほど。だからあなたは彼のゲームを見られるのですね、いいですね。

Mr. Takei: Yes, but my wife told me to buy clothes to observe the Wimbledon game. 

そうなのです、しかし妻がウィンブルドンの試合を見に行くならば、服を買わなくてはと言うのです。

I couldn’t understand why she has to buy clothes for this.

なぜこの為に服を買わなくてはいけないのか、わからないのです。

Mr. Read: I guess you didn’t know the rule of The Championships of Wimbledon.  There is a dress code in Wimbledon. 

あなたはウィンブルドン選手権の規則を知らなかったのではないですか?ウィンブルドンには服装規定があるのですよ。

Mr. Takei: I know that the players need to dress in all white, but I didn’t know for the observers. 

選手たちが全て白い服を着る事は知っていますが、観戦者の事までは知りませんでした。

So, I’m checking in this page, and my wife was half correct.

ですので、私はこのページで確認をしていまして、そして妻が半分は正しかったです。

Mr. Read: The color of white is to not show the sweat stains.  Because tennis is the noble sports. 

白い色は汗染みを見せない為です。テニスは高貴なスポーツですから。

It is ashamed to show the sweat stains.  Accordingly, the observers need to dress up to match the place.

汗染みが出ていることは恥ずかしいことです。それに応じて、観戦者もその場所に合わせた服装が必要です。

Mr. Takei: On this page says, the man needs to wear the shirts with collar and the long pants, and the woman needs to wear the stylish everyday wear. 

このページでは、男性は襟付きのシャツと長ズボンを着る必要があり、女性はオシャレな普段着を着る必要があると書いてあります。

So I think we do not have to buy new clothes.

よって新しい服を買う必要はないと思うのです。

Mr. Read: You are realistic!  I think your wife is looking forward to watch the games and maybe she wants the new clothes to get more excited.

あなたは現実的ですよ!あなたの奥さんは試合を見る事を楽しみにしていて、そして新しい洋服を買う事でさらにワクワクするのではなでしょうか。

Mr. Takei: I got it, Mr. Read.

わかりました、リードさん。

テニスは高貴なスポーツの為、汗染みをみせないようウィンブルドンでは選手は白を着用しなくてはなりません。

そして観客もそれに準ずる恰好を求められています。ウィンブルドンから始まったテニス独特の服装規定です。

ポイント

それでは会話で出てきた単語や言い回しをみてみましょう。

  • You look upset 動揺しているようだ
  • Your eyes darted about. あなたの目が泳いでいる
  • dress code 服装規定
  • sweat stains 汗染み
  • ashamed 恥ずかしい
  • stylish everyday wear オシャレな普段着
  • I got it わかりました

郷に入っては郷に従え

ウィンブルドンのチェックは厳しい

ウィンブルドンの服装チェックはとても厳しいことで有名です。

ロイヤルシートのチケットを入手していた有名F1ドライバーもジャケットにノーネクタイの為、試合観戦ができなかったこともあります。

現在ではウィンブルドン以外の4大大会での服装は、白以外も可能であり、様々な色のユニフォームを着た選手の試合を見る事ができます。

しかし他の会場の服装規定がゆるくなるほど、ウィンブルドンの服装規定は選手が抗議するほど厳しくなっていきました。

ルールを守って楽しもう

しかしそれだけイギリスは「テニスは高貴なスポーツである」という認識が高いのです。

なにせイギリスでテニスは”Royal Tennis”「王家のテニス」、そしてアメリカでは”Court Tennis”「宮廷のテニス」とも呼ばれるほどですから。

機会があってウィンブルドン選手権を観戦する場合は、必ず服装に気を付けて観戦するよう気をつけて下さい。

それではまた、See you!

今回の英語での表現は、覚えられましたか?(英語を150%活用するために)

口に出して何度も読んでみるとしっかり覚えられますよ。

「発音記号を見てもよくわからない。」「独学では、英語の正しい発音に自信が持てない」という方におすすめなのがネイティブとのマンツーマンレッスン。正しい発音を学ぶことができますし、自分に必要な内容だけを何度でもしっかり学ぶ事ができるのです。

ただ、マンツーマンだと気になるのが価格。そこでおすすめなのがS1英会話スクール。教室よりも低価格で、自宅近くなど好きな場所でマンツーマンレッスンを受けることができます。お気に入りの先生が見つかるまで無料でお試しできますので、まずは無料体験レッスンを受けてみてはいかがでしょうか。

気になる先生を探して無料体験レッスンを受ける

おすすめ英会話レッスン

最新の英会話レッスン

PAGE TOP