グルメ・食文化

幸せのおすそわけ

こんにちは。結婚式は、家族や親しい友人に新しいパートナーを紹介すると共に、今の幸せを出席いただいた人々にも届ける意味も持っています。

主催者も出席者も共に心温まる時間を過ごすことができます。

英国結婚式の伝統

幸せな結婚式にも、都合があり出席できなかった人もいるでしょう。そのような人たちにも幸せをおすそわけする風習があります。

イギリスでは出席できなかった人へのプレゼント、もしくは結婚の報告としてある物を贈ります。いったい何を贈るのでしょうか。

会話

エマのお母さんはドライケーキを、幸せのおすそわけでもらったようです。このドライケーキ、結婚式でどのように使われていたのでしょうか?

エマとお母さんの会話をみてみましょう。

Emma: What is that box, mom?

その箱はなに、ママ?

Mother: This is a present from my friend.

お母さん:これはお友達からのプレゼントよ。

Emma: What’s in the box?

箱の中は何?

Mother: I think it should be a dry cake.  Let me open it.

ドライケーキだと思うわ。開けてみよう。

Emma: Wow, you are right, it’s a dry cake!  Why do you know it?  Did your friend told you before?

うわぁ、正解だね、ドライケーキだ!どうして知っていたの?前にお友達が教えてくれたの?

Mother: No, she didn’t.  I knew it because she had a wedding a week before. 

いいえ、違うわ。一週間前に彼女が結婚式をしたからわかったのよ。

So she sent us the sharing of happiness.

だから彼女は幸せのおすそわけを贈ってくれたのね。

Emma: Why the dry cake means the sharing of happiness? 

どうしてドライケーキが幸せのおすそわけになるの?

Mother: We use dry cake for the wedding cake.  Dry cake is well preserved and people can eat it for a long time. 

ドライケーキはウェディングケーキに使われるのよ。ドライケーキは保存がよくて、長い期間食べる事ができるの。

Apart from that, the bride and groom send a piece to their friend.  Of course, it was used as a wedding cake. 

それとは別に、新郎と新婦はドライケーキをお友達にも送るわ。もちろんウェディングケーキで使われたものね。

That’s a British tradition of “the sharing of happiness”.

これは「幸せのおすそわけ」というイギリスの伝統よ。

Emma: That’s a lovely traditional!  What did you do at your wedding dry cake?

素敵な伝統ね!ママたちは結婚式のドライケーキはどうしたの?

Mother: We sent it to our friends.  We followed the tradition.

私達は友達に送ったわ。伝統に従ったの。

Emma: I want to do it when I marry!

結婚するとき私もやりたいわ!

幸せのおすそわけで贈られたドライケーキは、ウェディングケーキで使用されたケーキでした。

ポイント

では、会話ででてきた単語や言い回しをみてみましょう。

  • the sharing of happiness 幸せのおすそわけ
  • preserved 保存される(Preservation の動詞の過去形)
  • Apart from that それとは別に
  • the bride and groom 新郎と新婦
  • British tradition イギリスの伝統

国名の形容詞をtraditionの前に付ける事で、「その国の伝統」を意味します。

ウェディングケーキは生ケーキじゃない

【dry cake】ドライケーキ

結婚式で使用されるドライケーキは、たくさんのドライフルーツがふんだんに使われた、少し重いケーキです。

この焼きあがったケーキにブランデーやラム酒を塗り、密封して缶などに入れ、冷暗所で保存することで熟成させます。このように保存がよくきくケーキです。

真似をするなら伝統も知ること

イギリス式は3段

ウェディングケーキのタイプは3種類あります。

現在の日本でよく使われる、1段の長方形のケーキを使うのは、アメリカ式。クロカンブッシュを使うのはフランス式。そして3段に重ねるイギリス式があります。

バブル時代の頃はこの何段にも重ねたケーキが主流でしたが、日本ではほとんどの場合、ケーキカットする部分以外はイミテーションでした。

その為、全てのケーキが食べられる1段式が増えてきています。

ケーキが3段な理由

しかし、この3段ウェディングケーキには、3段である理由が存在します。一番下のケーキは結婚式に列席いただいた人々に、切り分けてふるまいます。

そして二段目は結婚式にこられなかった人々に送ります。今回のエマとお母さんがもらったケーキが、まさにこの部分です。

そして一番上の部分は保管し、第一子が産まれた日、もしくは結婚記念日に食べたりします。

しかし、実際にはイギリス王室のウェディングケーキは3段以上かつ、何種類もあったりします。

自分の結婚式の打ち合わせ時に、伝統や意味等を知っておくと、より尊厳深い式をあげられることでしょう。

それではまた、See you!

おすすめ英会話レッスン

最新の英会話レッスン

PAGE TOP