英語表現

怪我をした時の表現

Hello!

こんにちは、事務局佐藤です。

さあ、今日も元気に英語でコミュニケーション♪

今回のテーマは「怪我をした」です。

ジェイムズが怪我をしたようです。

早速その会話を覗いてみましょう。

 

★会話★

James: Ouch!

Sally: Are you OK?

James: I sprained my ankle. It hurts.

Sally: Is there anything I can do for you?

James: Can you take me to the hospital?

Sally: All right.

(Sally takes James to the hospital.)

Doctor: You have a broken ankle.

James: What? I thought my ankle was sprained.

Doctor: No, your bone is broken.

James: Is that right? Can I take a bath?

Doctor: No, you can’t do it for a week.

James: I see. Is there anything else I need to know?

Doctor: Be sure not to drink.

James: All right.

 

★ワンポイント★

Ouch!:「痛い!」突然の鋭い痛みや熱さなどを感じたときによく使う。

sprain:「ねんざする」

ankle:「足首」

hurt:「痛む」

anything I can do:「私ができる何か」

for you:「あなたのために」

broken:「骨折した」

bone:「骨」

right:「正しい」

anything else:「何か他に」

need to know:「知っておくべき」

be sure~:「忘れずに~」

not to~:「~しないように」

drink:この場合は「酒を飲む」

 

★和訳★

James: Ouch! (痛い!)

Sally: Are you OK? (大丈夫?)

James: I sprained my ankle. It hurts. (足首をひねってしまった。痛いよ。)

Sally: Is there anything I can do for you? (私に何かできることはある?)

James: Can you take me to the hospital? (僕を病院へ連れて行ってもらえる?)

Sally: All right. (良いわよ。)

(Sally takes James to the hospital.) (サリーがジェイムズを病院へ連れて行く。)

Doctor: You have a broken ankle. (君の足首は骨折している。)

James: What? I thought my ankle was sprained. (何ですって?足首をひねったのかと思っていました。)

Doctor: No, your bone is broken. (いや、君の骨は折れている。)

James: Is that right? Can I take a bath? (そうなんですか?風呂には入れますか?)

Doctor: No, you can’t do it for a week. (いや、一週間は入れないよ。)

James: I see. Is there anything else I need to know? (分かりました。何か僕が知っておくべきことはありますか?)

Doctor: Be sure not to drink. (酒は飲まないということを忘れずに。)

James: All right. (分かりました。)

 

★つ・ぶ・や・き★

怪我をしたとき、どこがどのように痛いのかを言えますか?

その箇所の名前が分からないときに良い方法があります。

それは、” I have a pain here.”「ここが痛いです」 と良いながらそこを指せば良いのです。

この言い方で乗り切ることも一つの方法なのです。

では、また次回お会い致しましょう。

See you then.

おすすめ英会話レッスン

最新の英会話レッスン

PAGE TOP