英語表現

英語で色を表現する

Hello, there!

こんにちは。KANAです。

みなさん、いかがお過ごしですか?

先日知り合いに「カラー診断」なるものをしてもらいました。

似合う洋服の色から今の心の状態まで色で診断してもらうのですが、これがなかなか当たっていて面白かったです。

皆さんはやったことありますか?

国が変わると、それぞれの「色」に対して持つイメージというのは結構違いがあるようです。

今回のコラムでは、各色のイメージや色を表す単語を使ったフレーズなどをご紹介してみますね。

 

★ワンポイント★

Red・・・good luck, love, danger, stop

色々な意味がありますが、get into the red と言えば 「赤字になる」という意味になります。これは日本語と 一緒なので覚えやすいですね。

 

Pink・・・gentleness, calmness, romantic love

pink ribbon は乳癌検診の推進をする啓発キャンペーンの シンボルですね。

 

Blue・・・sad, depression, peace, calm, water

I’m feeling a little blue today.「今日はちょっとブルーだ」なんていう使い方をします。

憂鬱な気持ちを表す時に使えるフレーズです。

そういえば「青写真(見取り図・設計図など)」はblueprint とそのまま一緒です。

 

Purple・・・royalty, mysterious, psychic

皇族・王族を表したり、気高く気品あふれるイメージ。

born to the purple と言えば、王家の生まれ、あるいは 特権階級の生まれ、という意味になります。

 

Green・・・nature, calmness, good luck, soothing

have a green thumb は園芸のセンスのある人を指します。(反対に園芸センスの無い人は、 have a brown thumb )

 

Yellow・・・coward, hazard, weakness

黄色は「危険」を表すことが多いですが、一方で「気弱な」 という意味もあります。

映画「Back to the Future」でも 気弱な主人公を形容する言葉として yellow belly (臆病者)なんていう風に使われています。

 

Grey・・・sad, boring

白と黒の間、はっきりしない、などの意味があります。

ちなみに日本語の「白髪」は英語では grey hair と言います。

アメリカ英語では gray と綴ります。

 

Black・・・bad luck, death

ブラックリスト・ブラック企業など、日本語でもあまり いいイメージはないかもしれません。

ただ「”黒字”」は in the black と、これはポジティブなイメージで日本語と 一緒ですね。

 

あなたの好きな色は何色ですか?

その色を使ったフレーズがないか、辞書で探してみる のも面白いですね。

 

★Phrase of the Week★

今週は ”I don’t blame you.”

意味は、無理もない・仕方がない、その気持ちも分かるよ、です。

「私はあなたを責めない」という直訳だとわかりづらいですが、気持ちがわかるから、あなたを責めるようなことはしない、無理もないから責めるなんてことはないよ、という意味になります。

 

★会話★

A: I’m breaking up with him. (彼とは別れるわ。)

B: Why? What happened? (どうして?何があったの?)

A: He cheated on me again. I’m done with him. (また浮気したの。彼とはもう終わりよ。)

B: I don’t blame you. (それじゃあ無理もないね。)

 

こんな風に使います(^^)

会話例を繰り返し発音してマスターしましょう♪

それではまた次回!

Talk to you later!

おすすめ英会話レッスン

最新の英会話レッスン

PAGE TOP