英会話講座

最近のニュースについて話す

Hello!

こんにちはS1英会話です。

さあ、今日も元気に英語でコミュニケーション♪

今日のテーマは「最近のニュースについて話す」です。

トムと和子が最近聞いたニュースについて話しています。

ちょっと深刻そうな内容ですが……。

さて、二人はどんな話題について話したのでしょうか。

 

★会話★

Tom and Kazuko are talking at a café.

Tom: Did you hear the news?

Kazuko: No, what happened?

Tom: Alabama was hit by a tornado. And a great deal of damage has been done.

Kazuko: Oh no. How much damage has it caused?

Tom: Over 300 people have died.

Kazuko: That’s awful.

Tom: To make matters worse, about 200 houses were destroyed.

Kazuko: Oh, that’s terrible.

 

★ワンポイント★

be hit by~:(暴風雨や竜巻など自然災害)に襲われる。hitの代わりにvisitedやstruckを使う事もある。

tornado:トルネード、大竜巻

a great deal of:たくさんの

damage:損害、被害

cause:引き起こす

awful:ひどい、恐ろしい、すさまじい

To make matters worse:さらに悪いことに

destroy:破壊する

terrible:恐ろしい

 

★訳文★

Tom and Kazuko are talking at a café. (トムと和子がカフェで話をしています。)

Tom: Did you hear the news? (ニュースを聞いた?)

Kazuko: No, what happened? (いいえ、何かあったの?)

Tom: Alabama was hit by a tornado. And a great deal of damage has been done. (アラバマが竜巻に襲われたんだ。とてもたくさんの被害があったんだ。)

Kazuko: Oh no. How much damage has it caused? (あらまぁ。どれくらいの被害があったの?)

Tom: Over 300 people have died. (300人以上が亡くなったんだ。)

Kazuko: That’s awful. (それはひどいわ。)

Tom: To make matters worse, about 200 houses were destroyed. (さらに、約200戸が崩壊したんだ。)

Kazuko: Oh, that’s terrible. (まぁ、恐ろしい。)

 

★つ・ぶ・や・き★

話し手にうなずくときの言葉はワンパターンにならないようにしたいですね。

今回の「恐ろしい、ひどい」と言う表現も、awfulやterribleを使って言い換えています。

自然災害に関するニュースは良く話題に出ますので、表現をチェックしておく必要がありそうです。

では、また次回お会い致しましょう。
See you then.

 

おすすめ英会話レッスン

最新の英会話レッスン

PAGE TOP