独学で、英会話を学ぶ人へ、役立つ英会話を提供するニュースサイト

レストランで注文する

今回のテーマは「レストランで注文する」です。

春香がレストランでウェイターと会話をしています。

早速そのの会話を覗いてみましょう。

会話

Haruka is talking with the waiter. (春香がウエイターと話をしています。)

Waiter: Are you ready to order? (ご注文はお決まりになりましたか? )

Haruka: Not yet. Any suggestions? (いいえ、まだです。おすすめはありますか?) 

Waiter: We have a selection of fresh and delicious seafood. (新鮮でおいしい海鮮料理を取り扱っております。)

Haruka: I like beef better than seafood. (海鮮料理よりも牛肉の方が好きなのですが。)

Waiter: Then how about the stake? (それでは、ステーキは如何ですか?)

Haruka: OK. I’ll have it. (ええ。それにします。)

Waiter: How would you like your stake? (ステーキの焼き具合は如何なさいますか?)

Haruka: Well-done, please. (よく焼いてください。)

Waiter: Certainly. What would you like to drink? (かしこまりました。お飲み物はどうしますか?)

Haruka: Well… (え~と……。)

Waiter: How about starting with beer to be followed by wine? (最初はビールでその後ワインでは如何でしょうか。)

Haruka: That’s great! (良いわね!)

Waiter: Are you having a dessert? (デザートはどうしますか?)

Haruka: No, I’ll go without a dessert. (デザートはなしにしておきます。)

ワンポイント

ready:用意ができて

yet:まだ

suggestion:提案

How would you like your stake?:ステーキの焼き具合はどうしますか?

would you like to~?:~したいですか?」と丁寧に聞くときに使う。

Certainly.: お店の人からお客に対して言うときは、「かしこまりました」の意味になる。

How about~?:「~はどうですか?」aboutの後ろは動詞ingか名詞を使います。

start with :~で始める

be followed by~:そのあとに~が続く

go without:~なしで済ませる

つ・ぶ・や・き

ステーキの焼き具合は、覚えておいたほうが良いですね。

次の順番です。

well-done(十分に焼いた)、medium-well(ミディアムとウェルダンの間。ウェルダンに近いが、わずかに赤味が残る)、medium(中間)、medium rare(ミディアムとレアの間)、rare(生焼けの)

関連記事