独学で、英会話を学ぶ人へ、役立つ英会話を提供するニュースサイト

動詞の種類

動詞の種類

こんにちは。

みなさん、お元気ですか?

今日は「やり直し英文法講座」の3回目。

主語・主部についてはザッと学んだので、今日から数回にわたって動詞について解説していきたいと思います。

と、その前に前回のクイズの解説から行ってみましょう。

前回のクイズ 

次のパーティー会場での会話を読んで、クイズに挑戦してみてください。

A) (1)テーブルのお花のアレンジが素敵!

B) ホント。ねぇ、今日彼は来てないの?

A) 来てるわ。ほら、(2)黒いスーツに長髪のあの人が、私の彼。あなたの彼はどこ?

B) あそこ。(3)壁に寄りかかっている、背の高い男の人がそうよ。

(1)~(3)各文を英訳した際の“主語”“主部”はどうなるでしょう?

(1) The flower arrangement on the table is beautiful.

主語=The flower arrangement(お花のアレンジ)

主部=The flower arrangement on the table(お花のアレンジ・テーブルの上の)

(2) The man with long hair in black suit is my boyfriend.

主語=The man(男の人)

主部=The man with long hair in black suit(男の人・長髪の・黒いスーツの)

(3) The man leaning against the wall is my boyfriend.

主語=The man(男の人)

主部=The man leaning against the wall(男の人・壁に寄りかかっている)

このように“主語”を修飾する順番が、日本語とは逆になることが多いのが、英語の特徴です。

動詞の種類

英語の動詞には、be動詞一般動詞があります。

  1. be動詞:「~です、います、あります」など、主に状態を表す動詞です。現在形には、am, is, are の三つがあり、主語によって変わります。
  2. 一般動詞:「~する」という動作を表す動詞です。play, study, eat など、色々な動作を表します。非be動詞=一般動詞、という認識でOKです。

日本語の「です、います、あります」に当たる be動詞は、英語にはいくつも存在します。

その文の主語が何かを見極めることによって、どのbe動詞を使うかが決まります。

見極める際に注目すべき点は次の2つ。

主語は単数?複数?

主語は一人称?二人称?三人称?

単数

一人称単数 I(私)> am

二人称単数 You(あなた)> are

三人称単数 He, She, It(私・あなた以外全て)> is

複数

一人称複数 We (私たち)> are

二人称複数 You(あなた達)> are

三人称複数 They(私たち・あなた達以外の全て)> are

クイズ

それではここまで学習したことをもとに、以下の文章で使われるべきbe動詞を考えてみてください。

A. あなたのお父さんは

B. 彼の両親は

C. 私の彼は

D. 私の誕生日は

E. あなたが予約した4枚のチケットは

F. 君の弟の車は

G. 昨日彼女に借りた3冊のマンガは

be動詞を決定するには、前回までで習った「主部」の中から「主語」を正確に見抜くことが必要になります。

「主部」の表現に惑わされないよう、気をつけましょう。

回答および解説は次回のメルマガで詳しくお伝えしますね。

PHRASE OF THE WEEK 

今週のフレーズは、

My lips are sealed.(誰にも言わないからね。)

私の唇は封じられている、つまり“秘密は漏らさない・喋らないよ”という意味です。

A) Please don’t tell anybody.

(誰にも言わないで、お願いね。)

B) Don’t worry. My lips are sealed.

(心配ご無用。誰にも言わないよ。)

かなりネイティブっぽいフレーズです。

イメージしやすいと思うので、きっとすぐに覚えられると思います。

それではまた次回お会いしましょう~!

Talk to you later!

関連記事