日常英会話

天気について話す

今日のテーマは「天気について話す」です。

サリーと裕太が天気の話をしています。

二人はどこかへ出かけようとしています。

早速見てみましょう。

会話

Sally and Yuta are talking about the weather. (サリーと裕太は天気のことについて話をしています。)

Yuta: Do you know what the weather forecast said? (天気予報が何て言っていたかしっている?)

Sally: Yes, I know. It said it was going to rain tomorrow. (ええ、知っているわよ。明日は雨がふるって言っていたわよ。)

Yuta: Oh, no. What should we do? (あらら。どうしようか。)

Sally: It will be sunny the day after tomorrow. (明後日は晴れるらしいわよ。)

Yuta: Let’s go somewhere then. (じゃあ、どこかへ出かけよう。)

Sally: I’d love to. I’d like to go to the amusement park.(是非そうしたいわ。遊園地へ行きたいわ。)

Yuta: All right. How about going to Tokyo Disneyland? (わかった。東京ディズニーランドはどう?)

Sally: Why not? I’ve heard it celebrates 50th anniversary. (そうしましょう。50周年のお祝いをしているって聞いたけど。)

Yuta: Does it? (そうなの?)

ワンポイント

weather:天気

forecast:予測、予報。動詞として「予想する」という意味もあり。

It said it was going to~:saidもwasも過去形にする(時制の一致)

What should we do?:「どうしたらいいのでしょう」

the day after tomorrow:明後日

somewhere:どこかへ(で、に)

I’d love to.:「是非そうしたい」

amusement park:遊園地-How about+動詞ing:~するのはどう?

Why not?:「なぜそうしないの?」「是非そうしよう」(どちらの意味で捉えるのかは、そのときの状況で変わる)

I’ve heard~:~ということを耳にした

celebrate:祝う

50th anniversary:50周年

つ・ぶ・や・き

遊園地のことをamusement parkというのを知っていましたか?

遊園地と言えば、私はFerris wheelが好きです。

Ferris wheelは「観覧車」のことです。

観覧車は他の乗り物と違って優雅な感じがするので大好きです。

おすすめ英会話レッスン

最新の英会話レッスン

PAGE TOP