アメリカではなくならないベビーシッターバイト

  1. 日常会話で覚える英単語

こんにちは。学生の頃は遊びたいさかりで、お小遣いがいくらあってもたりません。十分なお小遣いをもらっている人は大丈夫ですが、足りない人は上手にやりくりするか、自分で稼ぎます。

世界の高校生はどのようなアルバイトを体験しているのでしょうか。

バイトの流行りは国それぞれ

日本の高校生は学校が許可すれば、アルバイトができます。その中でも人気なのはカフェやファーストフード店でのバイトです。

それに比べてアメリカではどうでしょうか。よく映画で見るのはベビーシッターのアルバイトです。両親が外出する間、小さい子供たちの面倒をみます。

会話

これ以外にも人気のアルバイトはあるのでしょうか。ケイとブライアンの会話をみてみましょう。

Kei: Your sister, Katie does babysit for part-time job.  Did you do it, too?

君の妹のケイティはバイトでベビーシッターをしているよね。君もしたの?

Brian: Yes, I did.  The babysitting is one of the good ways to get money.

したよ。ベビーシッターはお金を手に入れるいい方法の一つだからね。

Kei: Didn’t you think about other jobs?  In Japan, many students work in cafés or fast food restaurants.

他の仕事は考えなかったの?日本では、カフェとかファーストフード店で多くの学生が働いているよ。

Brian: Work in restaurants is not typical jobs for students. 

レストランで働くのは学生には流行ってないかな。

Some people are delivering pizzas, but not so many people choose. Because the security is not sufficient.

何人かはピザの配達をしているけど、多くの人は選ばないよ。安全が十分ではないからね

Kei: Japanese students also deliver pizzas, but not for high school students.  College students work those jobs.

日本の学生もピザの配達をするけど、高校生はしないかな。大学生がそういう仕事をするよ。

Brian: Babysitting is famous because experienced times, skills and reliability makes the payment higher. 

ベビーシッターは経験時間とスキルと信頼性で給料が高くなるから人気だよ。

Also, babysitting is always needed.  Parents cannot leave their young child alone in house.

あとベビーシッターはいつも必要とされているしね。両親は小さい子供だけを家に残して外出できないし。

Kei: Then why parents don’t stop to go out without their child?  Most of Japanese parents don’t go out without their child.

ではなぜ両親は子供なしで外出することをやめないの?ほとんどの日本の両親は子供なしで外に出ることはあまりないよ。

Brian: I think the habit is different.  In America, parents are arrested when they leave their child alone.  But in Japan, parents are not arrest.

習慣が違うのだと思うよ。アメリカでは子供たちを放っておいて、両親が外出すると逮捕されてしまうんだ。でも日本では両親は逮捕されないでしょ。

Kei: Yes, but it is within the bounds of common sense.

そうだね、でも常識の範囲内ならね。

Brian: There are many jobs like car washings or animals care.  But babysitting fit to me the best.

仕事は他にも洗車や動物のお世話などあるよ。でも僕にはベビーシッターが一番合っていたよ。

子供が小さくても両親は彼らだけで外出するため、高校生にとってベビーシッターは大事なバイトなのです。そして両親ので外出するのもアメリカでは当たり前なのです。

ポイント

会話に出てきた単語や言い回しをみてみましょう。

  • part-time job アルバイト
  • sufficient 十分な
  • reliability 信頼性
  • habit 習慣
  • arrest 逮捕、逮捕する
  • within the bounds of common sense 常識の範囲内
  • animals care 動物の世話

学生が行っている世話は主に、迷子動物の保護や里親探し、そして怪我をしている野生動物の保護を行います。

習慣と学生アルバイトの関係

アメリカの高校生のアルバイトは主に、人や動物を助ける仕事です。ベビーシッターは両親を、洗車は車を持っている人を、そして動物のお世話は被害にあっている動物を助けています。

特にベビーシッターはアメリカの全州が法律で子供を一人にしないよう推奨されている為、なくなることがありません。大人に頼むと高額になることより、知り合いなど信頼のおける高校生に頼みます。

また学校でもベビーシッターを行う前の講習があるなど手厚い勉強を行わせています。

それに比べて日本は、レストランなど人々の楽しみを手伝います。この違いもやはり習慣の違いから生まれています。

日本とアメリカの習慣の違いは、それは「思いやり」と「チャリティー」でしょう。日本人の思いやりは世界でも称賛されるほどであり、様々な国で見習うようにもなっています。

そしてアメリカ人のチャリティーは、小さいころから誰もが行っており、地域や人のために動くことは当たり前になっています。

まとめ

いろいろな習慣の違いからアルバイトにも違いがでているのでしょう。なぜ違うか、理由を探ってみるのも面白いものですね。

それではまた、See you!

英語を学ぶのに最適な方法は、マンツーマン【無料体験実施中!】

教科書を使って基礎から文法、検定対策などもOK。ベテラン講師だから完全初心者の人も安心。私達と一生使える完全な英語力を身につけませんか。

まずは、講師検索(無料)

関連記事(英語勉強)

日常会話で覚える英単語 1日3分(無料メルマガ)
開く(購読無料)