日常英会話

英語で学ぶ:ユニオン・フラッグは連邦の象徴

こんにちは。世界にはたくさんの国があり、その国にそれぞれ国旗があります。国旗は国を象徴するものであり、他に変わるものはありません。

日本のように白地に赤い丸で日の丸を象徴し、簡単に描けるものもあれば、複雑で難しい模様の旗もあります。

旗の介入は支配の証

世界中の国旗で一番多く利用されているのは、大英帝国のユニオン・フラッグです。様々な国の国旗の左上にユニオン・フラッグがついています。

これは、この国は大英帝国の海外領土であったか、もしくは、独立後にイギリス連邦に参加していることを意味します。また、海外領土であったとしても独立後に連邦に参加しなかった国は、このユニオン・フラッグを旗につけていません。

しかしこのユニオン・フラッグ、見た目は色も多くない為簡単そうに見えますが、実際にはバランスを取るのが難しい国旗です。

会話

ロンドンにいるエマも国旗を描くことに苦労しています。エマとおばあちゃんの会話をみてみましょう。

Grandmother: You look upset, Emma.  What happened?

おばあちゃん:調子が悪いようね、エマ。どうしたの?

Emma: I can’t draw The Union Flag well.  It’s too hard for me.

ユニオン・フラッグを上手に描くことができないの。私にはとっても難しいわ。

Grandmother: I see.  That’s why the paper became messy.  Let’s draw it with me.  I can teach you the technique.

なるほどね。それで紙が汚くなったのね。

Emma: Really?  Then I’ll get new papers.

本当に?それなら新しい紙を持ってくるわね。

Grandmother: First, draw the flag of England.  It is the red cross on the white background.

始めに、イングランドの旗を描いてね。白地に赤い十字架よ。

Emma: Okay, I can draw it.

わかったわ、それなら私にも描けそう。

Grandmother: Then, draw the flag of Scotland, blue background with white diagonal cross.  But be careful, take a white space between red cross and blue background.

そして、スコットランドの旗、青地に斜めの十字を描いてね。でも気を付けてね、赤の十字架と青地の間に白い部分を残してね。

Emma: Okay, I did it.

オッケー、できたよ。

Grandmother: At last, add the flag design of Ireland, red diagonal cross with white background.  Then you can see The Union Flag, Emma.

最後にアイルランドの旗のデザイン、白地に赤の斜めの十字架をたして。そうしたらユニオン・フラッグが見えるわよ、エマ。

Emma: Oh, I’m done!  I draw The Union Flag!  You are so smart, thank you nanny.

うわぁ、できた!ユニオン・フラッグが描けた!とっても頭いいね、おばあちゃん。

Grandmother: The sense comes with age, honey.

亀の甲より年の功よ、かわいい子。

おばあちゃんはユニオン・フラッグの成り立ちと共に、エマに描き方を教えました。

ポイント

会話で出てきた単語や言い回しをみてみましょう。

  • You look upset 調子が悪い
  • The Union Flag ユニオン・フラッグ

英国国旗。この呼び方以外にも、”The Union Jack”「ユニオン・ジャック」という言い方もあります。

  • messy 汚い、よごれた

ユニオン・フラッグは大英帝国の旗という通り、連邦王国そのものの旗らしく、4つの国の旗を組み合わせて作られています。しかし、エマとおばあちゃんの会話では、イングランド、スコットランド、そしてアイルランドの3つの国しかでてきません。

なぜウェールズが出てこないのかというと、ウェールズは早いうちにイングランドに従ってしまった為、国旗を作る際に組み込んでもらう事が出来なかったのです。

ユニオン・フラッグは実は難しい

ユニオン・ジャック、何度か書き馴れてしまうと簡単にも感じられますが、実はこの国旗上下左右非対称なのです。

スコットランドとアイルランドの斜め十字が重ならないように、アイルランドの斜め十字が反時計回りに回転しており、上下左右非対称となっています。

このように簡単に特徴を掴んだとしても、新たな事実が判明しやはりユニオン・フラッグは描くのには難しい旗です。どのような国旗でもサイズがきっちり決まっています。それだけ旗はその国にとってとても大事な物なのです。

それではまた、See you!

今回の英語での表現は、覚えられましたか?(英語を150%活用するために)

口に出して何度も読んでみるとしっかり覚えられますよ。

「発音記号を見てもよくわからない。」「独学では、英語の正しい発音に自信が持てない」という方におすすめなのがネイティブとのマンツーマンレッスン。正しい発音を学ぶことができますし、自分に必要な内容だけを何度でもしっかり学ぶ事ができるのです。

ただ、マンツーマンだと気になるのが価格。そこでおすすめなのがS1英会話スクール。教室よりも低価格で、自宅近くなど好きな場所でマンツーマンレッスンを受けることができます。お気に入りの先生が見つかるまで無料でお試しできますので、まずは無料体験レッスンを受けてみてはいかがでしょうか。

気になる先生を探して無料体験レッスンを受ける

実際にレッスンを受けた生徒さんの感想をみる

おすすめ英会話レッスン

最新の英会話レッスン

PAGE TOP