独学ala英会話教室

日常英会話

英語で学ぶ:ユニオン・フラッグは連邦の象徴

こんにちは。世界にはたくさんの国があり、その国にそれぞれ国旗があります。国旗は国を象徴するものであり、他に変わるものはありません。

日本のように白地に赤い丸で日の丸を象徴し、簡単に描けるものもあれば、複雑で難しい模様の旗もあります。

旗の介入は支配の証

世界中の国旗で一番多く利用されているのは、大英帝国のユニオン・フラッグです。様々な国の国旗の左上にユニオン・フラッグがついています。

これは、この国は大英帝国の海外領土であったか、もしくは、独立後にイギリス連邦に参加していることを意味します。また、海外領土であったとしても独立後に連邦に参加しなかった国は、このユニオン・フラッグを旗につけていません。

しかしこのユニオン・フラッグ、見た目は色も多くない為簡単そうに見えますが、実際にはバランスを取るのが難しい国旗です。

会話

ロンドンにいるエマも国旗を描くことに苦労しています。エマとおばあちゃんの会話をみてみましょう。

Grandmother: You look upset, Emma.  What happened?

おばあちゃん:調子が悪いようね、エマ。どうしたの?

Emma: I can’t draw The Union Flag well.  It’s too hard for me.

ユニオン・フラッグを上手に描くことができないの。私にはとっても難しいわ。

Grandmother: I see.  That’s why the paper became messy.  Let’s draw it with me.  I can teach you the technique.

なるほどね。それで紙が汚くなったのね。

Emma: Really?  Then I’ll get new papers.

本当に?それなら新しい紙を持ってくるわね。

Grandmother: First, draw the flag of England.  It is the red cross on the white background.

始めに、イングランドの旗を描いてね。白地に赤い十字架よ。

Emma: Okay, I can draw it.

わかったわ、それなら私にも描けそう。

Grandmother: Then, draw the flag of Scotland, blue background with white diagonal cross.  But be careful, take a white space between red cross and blue background.

そして、スコットランドの旗、青地に斜めの十字を描いてね。でも気を付けてね、赤の十字架と青地の間に白い部分を残してね。

Emma: Okay, I did it.

オッケー、できたよ。

Grandmother: At last, add the flag design of Ireland, red diagonal cross with white background.  Then you can see The Union Flag, Emma.

最後にアイルランドの旗のデザイン、白地に赤の斜めの十字架をたして。そうしたらユニオン・フラッグが見えるわよ、エマ。

Emma: Oh, I’m done!  I draw The Union Flag!  You are so smart, thank you nanny.

うわぁ、できた!ユニオン・フラッグが描けた!とっても頭いいね、おばあちゃん。

Grandmother: The sense comes with age, honey.

亀の甲より年の功よ、かわいい子。

おばあちゃんはユニオン・フラッグの成り立ちと共に、エマに描き方を教えました。

ポイント

会話で出てきた単語や言い回しをみてみましょう。

  • You look upset 調子が悪い
  • The Union Flag ユニオン・フラッグ

英国国旗。この呼び方以外にも、”The Union Jack”「ユニオン・ジャック」という言い方もあります。

  • messy 汚い、よごれた

ユニオン・フラッグは大英帝国の旗という通り、連邦王国そのものの旗らしく、4つの国の旗を組み合わせて作られています。しかし、エマとおばあちゃんの会話では、イングランド、スコットランド、そしてアイルランドの3つの国しかでてきません。

なぜウェールズが出てこないのかというと、ウェールズは早いうちにイングランドに従ってしまった為、国旗を作る際に組み込んでもらう事が出来なかったのです。

ユニオン・フラッグは実は難しい

ユニオン・ジャック、何度か書き馴れてしまうと簡単にも感じられますが、実はこの国旗上下左右非対称なのです。

スコットランドとアイルランドの斜め十字が重ならないように、アイルランドの斜め十字が反時計回りに回転しており、上下左右非対称となっています。

このように簡単に特徴を掴んだとしても、新たな事実が判明しやはりユニオン・フラッグは描くのには難しい旗です。どのような国旗でもサイズがきっちり決まっています。それだけ旗はその国にとってとても大事な物なのです。

それではまた、See you!

  • 英語先生はみんな優秀。ネイティブの先生と直接会って交流ができる英語教室です。
  • S1英会話では、プロの社会人講師から、留学生まで幅広い経歴と年齢層の先生が登録しています。
  • ご希望の地域や最寄り駅から、ご希望に合わせて英語先生を探せます。

独学ala英会話教室いっぱいある、英語の「ちょっと待って」前のページ

英語の日常会話①イギリスのスーパーでお買いもの次のページ独学ala英会話教室

関連記事

  1. 独学ala英会話教室

    日常英会話

    ドレミの音階は英語じゃない

    こんにちは。音楽はいつも幅広く人々の側にあります。そして、たいていの…

  2. 独学ala英会話教室

    日常英会話

    接客で使える英会話

    このところ、海外から、とてもたくさんの観光客が来日するようになりまし…

  3. 独学ala英会話教室

    日常英会話

    英語で「スポーツのススメ」

    「運動」や「競技」という意味のほかに「娯楽」や「楽しみ」という意味も…

  4. 独学ala英会話教室

    日常英会話

    アメリカ社会におけるお墓との付き合い方

    こんにちは。日本人はお盆やお彼岸、年末など、ご先祖のお墓参りをします。…

  5. 独学ala英会話教室

    日常英会話

    新聞の定期購読をする

    Hello!こんにちは、事務局佐藤です。さあ、今日も元気に英語でコ…

  6. 独学ala英会話教室

    日常英会話

    日本のカレーはイギリス式

    こんにちは。日本の国民的な料理にはお味噌汁や焼き魚などがあげられます…

  1. 独学ala英会話教室

    日常英会話

    電話でクレームを言う
  2. 独学ala英会話教室

    海外旅行英会話

    イギリスで小銭は必須
  3. 独学ala英会話教室

    日常英会話

    レストランでの会話
  4. 独学ala英会話教室

    英語勉強

    自分や知人の性格について英語で説明する方法
  5. 独学ala英会話教室

    日常英会話

    早起きは苦手
PAGE TOP