英語のリエゾン:発音ルール習得で会話レベルを上げる①

  1. 英語勉強・基本

英会話力をグッと底上げするために、是非とも習得したいのが「音変化のルール」です。音の変化を理解して、リスニング力とスピーキング力をアップさせましょう。

複数あるルールの内、今回は『リエゾン』について紹介します。

リエゾンとは

リエゾン(liaison)とは発音ルールの一つで、リンキング(Linking)とも呼ばれます。

特定の子音と母音をつなげて発音する時に発生する音変化のことで、日本語にすると「連音」や「連声」と訳されます。

【far(ファー)+ away (アウェイ)の場合】

リエゾン無し…far away(ファー アウェイ)発音記号:fάɚ əɪ

リエゾンあり…far away(ファーラウェイ)発音記号:fάɚəˈweɪ

Give(ギブ)+ Up(アップ)の場合】

リエゾン無し…Give up(ギブ アップ)発音記号:gív ˈʌp

リエゾンあり…Give up(ギバップ)発音記号:gívʌ́p

単純に2つの単語を読むのではなく、繋げて読むことで発音自体が微妙に変化しているのがわかるでしょう。これが“リエゾン”です。

日本語は、世界各国の言語と比較して、音節がはっきりとしているという特徴があります。

そのため、リエゾンのように音と音をつなげて発音するという文化がないため、習得しにくいと感じる人が多いといわれています。

単語

リエゾンの具体例一覧

定番リエゾン

単語 発音が繋がる部分 発音の仕方
Because of Because of ビコーゾブ
Don’t you Don’t you ドンチュー
Thank you Thank you センキュー
Can I Can I キャナイ
When I When I ウェナイ

同じ音

単語 発音が繋がる部分 発音の仕方
That time That time ザッタイム
First time First time ファースタイム
Feel like Feel like フィーライク

前置詞

単語 発音が繋がる部分 発音の仕方
Keep in  Keep in キーピン
Keep on Keep on キーポン
Kind of Kind of カインダブ
Look in Look in ルッキン
Come on Come on カモン
I’m in I’m in アイミン
I’m on I’m on アイモォン

子音で終わる単語+母音で始まる単語

単語 発音が繋がる部分 発音の仕方
Pick up Pick up ピカップ
Tell us Tell us テラース
Talk about Talk about トーカバウト
Good afternoon Good afternoon グダフタヌーン

「発音の仕方」は、分かりやすいようカタカナで表記していますが、個々の感覚で異なる聞こえ方になる場合もあります。

どの部分にリエゾンが起こるのかを頭にいれ、映画やドラマなど実際のネイティブの発音を注意して聞いて会得しましょう。

時計

例文

リエゾンの部分(太文字)に注意して発音してみましょう。

I need to get up at 6am. 

私は朝6時に起きなければならない。

He went to shopping to buy an apple. 

彼は、リンゴを一つ買いにいきました。

I think it depends on the person. 

それは、その人次第だと思います。

This is my cut tomato. 

これは、私のカットトマトです。

Do you want to take it out? 

テイクアウトしますか?

Let’s sing a songs kind of nostalgic one. 

懐かしの歌を、歌いましょう。

Stop playing guitar. 

ギターを弾くのを止めてください。

まとめ

今回は、子音と母音が並ぶことで発音に変化が起こる「リエゾン」について学びました。

当記事で紹介したリエゾンは一例で、他にも数多くの組み合わせによる音の変化がありますので、勉強してみてはいかがでしょうか?

それではまた、See you!

英語力を「劣化」させないために
何度でも聞ける1対1レッスンはコスパ最強
【先生を選んで、無料体験する!】

開く

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

朝晩

時間帯を表す英語表現

何時何分と明確に言わなくても、「朝方」や「昼過ぎ」などおおよその時間帯を表す言葉は日常会話でよく使いますよね。英語にも同じような時間帯に関する便利な単語がたくさ…