英語で感謝を伝える究極ガイド「ありがとう」のシーン別フレーズ

    1. 会話で学ぶ英語表現

    ありがとうの気持ちを伝える時、Thank you だけになってしまっていませんか?

    感謝の言葉はコミュニケーションの中でも特に大切な事柄です。シチュエーションや相手との関係に合わせた、英語での「ありがとう」の伝え方を学んでいきましょう。

    基本的な「ありがとう」の表現

    英語で「ありがとう」と伝えたい時、どんな相手でも Thank you と言ってしまってOKです。

    日本語は相手によって言葉を使い分けるのが一般的です。基本的には「ありがとう」で構いませんが、目上の人や初対面の人に「ありがとう」と言うと、少し失礼な印象を与えます。

    しかし英語においては、相手が誰でも Thank you で問題ありません。「年下の奴に Thank you と言われた!」などと不快感を与えることもないでしょう。

    もちろん、英語にもありがとうの伝え方は複数あります。日本では相手との関係やシチュエーションに応じて言い方を変化させますが、英語では『してもらったことの大きさ』で使い分ける傾向にあります。

    例をあげると、ネイティブは親しい友人同士や家族にもThank you so much. と言います。これは So much が付くことで、より大きな感謝の気持ちを伝える表現です。

    しかし、これを和訳すると「本当にありがとうございます。」となり、親しい友人や家族に使うには少しよそよそしい表現のようにも見えますよね。

    ここは英語と日本語の感覚の違いです。英語では相手が誰かということよりも、どのくらい感謝しているかという部分に重きを置いているのがわかるでしょう。

    そのため、英語の感謝表現を学ぶ時には和訳部分に注目しすぎず、どんな時に使う&どのくらいのレベルの感謝を伝える時の表現なのかに焦点をあてて学習を進めていくことが大切です。

    カジュアルに感謝を伝える

    Thank you を基本とした場合、同じくらいの感謝を伝える表現や、よりライトなニュアンスで使えるフレーズをまとめて紹介します。

    Thanks.

    かなりカジュアルな表現で、友人同士や親しい間柄での利用がおすすめです。くしゃみをした時に、Bless you. と言われた時の返事にもよく使います。

    Thanks a lot.

    カジュアルに伝えつつも、Thank you よりも深い感謝を示したい時に使う表現です。イメージとしては「ほんっとーにありがとね!」といった感じで、非常にラフな印象を与えます。こちらは口語表現で、メールや手紙などにはあまり使われません。

    Many thanks.

    書き言葉としてよく使われる表現です。手紙やメールの文頭や文末に書いて、相手への感謝を伝える使い方もあります。

    例)Many thanks for your time the other day. この前は時間をとってくれてありがとう。

    例)Many thanks for your kindness! 親切にしてくれてどうもありがとう!

    Thanks a million.

    Thanks a lot. をスラング調にしたのが、この表現です。Million(百万、多数、無数)を使うことで、規模の大きな感謝であることを表しています。日本語にすると「めっちゃ感謝!」となり、若者が好む表現です。

    Thanks a bunch.

    こちらも若干スラングに近い表現です。Bunch はブドウの房という意味の単語で「たくさん・いろいろと」を房に例えています。

    より深い感謝の英語表現

    より深い感謝を伝える

    Thank you の後に何かを付けることで、より深い感謝を伝える表現へと変わります。心を込めてワンランク上の伝え方をしたい場合に使いましょう。

    Thank you so much.

    Thank you very much. 

    So muchVery much をプラスして、ありがとうの気持ちをより深く伝える表現です。どちらも同じ意味で使われますが、So の方がカジュアルな印象を与えます。

    Thank you so, so much.

    Thank you very, very much.

    So Very を重ねることで、より感謝の度合いが高いことを表現できます。日本語訳すると「ほんとにほんとに」と深い気持ちを伝える意味合いなことは伝わりますが、フォーマルな場にはあまり適しません。ビジネスシーンでは「誠に」や「心から」など、別の表現をすることがおすすめです。

    Thank you for you.

    直訳すると「あなたのためにありがとう」となりますが、こちらも感謝を伝える時の定番フレーズ。感謝の度合いとしては Thank you と同じ程度ですが、もう少ししっかりと伝える時に使うイメージです。

    Thank you from the bottom of my heart. 

    心の底からの感謝を伝える表現です。日本語でも「心より感謝申し上げます」「心から感謝しているよ」など“心”という言葉を用いて表現することがありますよね。フォーマルな場と日常会話どちらでも問題なく使える表現で、誠意を持った感謝の気持ちを伝えることができます。

    より丁寧に伝える

    Thank you の後に「してもらったこと」を続けることで、何に対して感謝しているのかを明確に伝える文章になります。単に Thank you と言うよりも、丁寧な印象が高まります。

    Thank you for your kindness.  

    親切にしてくれてありがとう。

    Thank you for your everything. 

    いろいろとありがとう。

    Thank you for helping me.

    手伝ってくれてありがとう。

    Thank you for teaching. 

    教えてくれてありがとう。

    Thank you for what you do.

    いろいろとありがとう。

    Thank you for what you did for me.

    私のためにありがとう。

    Thank you for you kind words.

    優しい言葉をかけてくれてありがとう。

    Thank you for saying that.

    そういってくれてありがとう。

    Thank you for what you did the other day. 

    この前はありがとう。

    普段からお世話になっている相手には、以下の表現もおすすめです。

    Thank you as always. 

    いつもありがとう。

    いま目の前で起きたことへの感謝はもちろん、As always を付けることで「いつも・普段から・日頃より」といったニュアンスがプラスされます。家族や友人だけでなく、同僚やお店の人など様々な相手に対して使える便利な表現です。

    色々な感謝の表現

    Thank you 以外の感謝表現

    英語には Thank you 以外にもたくさんの感謝を伝える表現があります。それぞれの表現を例文を交えて紹介しながら、Thank you との違いについても学んでいきましょう。

    Appreciate:感謝する(他動詞)

    Thank you よりもフォーマルな響きを持たせたい時は、Appreciate を使いましょう。

    Appreciate は「感謝する・ありがたいと思う・深く感謝する」といった意味の単語で、丁寧な印象を与えます。ビジネスシーンでも良く使われる表現ですので覚えておきましょう。

    他動詞ですので、Appreciate+目的語(何に対する感謝か)の形で使うのが基本です。Thank you. のように、Appreciate you. という使い方は出来ませんので注意してください。

    I appreciate your kindness. 

    あなたのご親切に感謝します。

    I appreciate your help.

    手伝ってくれてありがとうございます。

    I really appreciate it.

    非常に感謝しています。

    I appreciate that you contacted me.

    連絡してくれてありがとうございます。

    I appreciate you giving me such a wonderful opportunity.

    こんなにも素敵な機会を与えてくださり感謝いたします。

    Greateful:感謝している(形容詞)

    Appreciate と同様に、丁寧に感謝の気持ちを伝える時に役立つのが Grateful です。意味合いは「感謝している・ありがたいと思う」と Appreciate とほとんど変わらず、目上の人に対しても自然に使える非常にフォーマルよりな表現でしょう。

    形容詞ですので、使い方は「Grateful + for 」もしくは「Grateful to 」の形が基本です。また、Grateful の前にはBe動詞が来ることを忘れないようにしましょう。

    I am very grateful to you.

    非常に感謝しています。

    I’m so grateful to you.

    とても感謝しているよ。

    We are grateful for your understanding.

    ご理解を示してくださり感謝いたします。

    I am grateful for your polite response.

    ご丁寧な対応ありがたく感じております。

    一見すると非常に固い表現のようにも見えますが、I amI’m にする、VerySo に変えるなどすると、家族間や友人間でも使える表現へと変わります。

    その他の表現

    Thank youAppreciateGrateful 以外の表現を使った、感謝の言葉をご紹介します。どの表現も、比較的ネイティブが日常的に口にする言い回しばかりです。繰り返し声に出して練習し、覚えてきましょう。

    I can’t thank you enough.

    感謝してもしきれない。

    Much obliged.

    おかげさまです。

    I owe you a lot.

    借りができたね。

    I owe you one.

    恩に着ます。

    I am thankful for your helping me.

    手伝ってくれてありがとう。

    I am very grateful.

    ありがたく思ってます。

    I’m very much obliged to you. 

    本当にありがとうございます。

    How nice of you.

    ご親切にありがとう。

    You’ve been very helpful.

    大変助かっています。 / 助けになってくれています。

    英語の感謝の表現

    会話

    JakeとLisaが会話をしています。

    Jake:Thank you for contacting me. Glad to see you, it’s been ages.

    連絡くれてありがとう。久しぶりにあえて嬉しいよ。

    Lisa:It has been ages! Thanks for making a reservation this stylish restaurant!

    本当、久しぶりね。素敵なお店を予約してくれてありがとうね。

    Jake:I’ve wanted to come here with you!

    君とずっと来たいと思ってたんだ。

    Lisa:Huh? Your phone is ringing right?

    あれ?Jake 携帯鳴ってない?

    Jake:Sorry. I just got a call from my office. Just a sec.

    ごめん。会社からの電話だ。ちょっと待ってて。

    I truly appreciate that. I’ll give it my best shot. I got it, see you tomorrow then.

    (電話で)ありがとうございます!頑張ります。えぇではまた明日よろしくお願いします。

    Lisa:What happened? You look so happy.

    なんだったの?なんだか嬉しそうね。

    Jake:I got my plan approved!

    僕の企画が採用されたんだ!

    Lisa:Oh wow, Good job! Let’s celebrate.

    わぁ~凄いわ!お祝いしましょ。

    Jake:Thank you for praising me.

    褒めてくれてありがとう!

    ポイント

    会話で出てきた単語や表現をおさらいしましょう。

    It has been ages  久しぶり

    It has been ages since the last time we’ve met. の略で「最後にあった時から長い時間が経ったね」。カジュアルな会話なら It has been ages. と表現してOK。Long time no see. と同じ意味。

    Reservation 予約

    Stylish restaurant 素敵なお店(レストラン)

    お店を褒める時の表現としては、Great(素敵な)・Trendy(流行りの)・Fancy(可愛らしい)などもよく使われます。

    I’ve wanted ずっと~したいと思っていた。

    例)I’ve always wanted this. ずっと欲しいと思ってた

    Ringing 鳴っている(電話の呼び出し音)

    スマートフォンのバイブ音の場合は“Buzzing”を使いましょう。

    Just a sec ちょっと待って

    just a second の略

    Give it my best shot. 頑張る

    相手に呼びかける場合は“Give it your best shot.”です。日本では、頑張って!という意味で Fight! と言ったりもしますが、Fight は英語で「喧嘩」という意味の単語。相手を応援する意味合いでは使いませんので注意しましょう。

    Approved 認可・承認

    Praise ほめる

    場面に合わせたありがとう

    シチュエーション別の会話例と解説

    ここまで紹介してきた表現以外の感謝の伝え方を、シチュエーション別に紹介します。使う場面をイメージしながら読み進めてください。

    友人間の会話

    Many thanks to you all.

    みんなほんとありがとう。

    Thank you, guys! 

    みんなサンキューね!

    You shouldn’t have! 

    わざわざありがとう!

    相手が自分のために気を配ってくれた際など、「わざわざ自分のためにありがとう」と言いたい時の定番フレーズです。

    You saved my life.

    助かったよ。

    You’re the best! 

    あなたって本当に最高!

    SNSやチャットでは、Thanks Thanx ThxThank youTY と省略して表現することもあります。

    ビジネスシーンでの表現

    日常会話ではあまり使わない、ちょっと堅めな感謝の言葉をご紹介します。接客時や電話対応などビジネスシーンや冠婚葬祭などのフォーマルな場で使うと良いでしょう。

    I humbly thank you. 

    謹んで感謝申し上げます。

    Thank you for your cooperation. 

    ご協力に感謝します。

    I’m grateful for your guidance. 

    ご指導ご鞭撻いただきありがとうございます。

    I am grateful for your support. 

    お力添え頂き大変ありがたく思っております。

    Thank you for your quick response. 

    早速のご対応ありがとうございます。

    Your kindness overwhelms me.

    貴方のご厚意に大変恐縮しております。

    Thank you for taking the time to talk with me.

    お時間を頂きありがとうございます。

    Thank you for your time.

    お時間ありがとうございます。

    「ありがとう」に対する返答

    感謝の気持ちを伝える表現だけでなく、「ありがとう」に対する返答の仕方も学びましょう。

    基本的な返答は You are welcome.(どういたしまして)でOKです。迷った時はこの表現を使っておけば失礼になることはありません。

    しかし日本でも「どういたしまして」と丁寧に返答するより「気にしないで」や「大丈夫よ」の方がナチュラルですよね。これは英語でも同じです。よりカジュアルな返答の仕方や、気持ちに合わせた答え方を学び、スマートに会話を進めていきましょう。

    No problem. / It’s all right. 

    気にしないで。

    Any time. 

    気にしないで。/ いつでも言ってね。

    That’s ok.

    大丈夫だよ。

    Don’t mention it.

    お礼はいりません。/ とんでもない。

    You bet.

    あたりまえじゃん。

    Not at all.

    全然問題なし。

    My pleasure.

    (喜んでもらえて)光栄です。

    You’re most welcome.

    とんでもないことです。

    I’m happy to help.

    お役に立ててよかった。

    Thank you, too.

    こちらこそ、ありがとう。

    相手の厚意を断る時

    相手が何かをしてくれようとした時、断りつつもその厚意に対して感謝を伝えることってありますよね。No thank you. を思い浮べる方も多いと思いますが、これはかなり強い否定表現で、相手に不快感を与えてしまいますので注意しましょう。

    「物腰柔らかく断りつつも感謝が伝えられる」そんな表現をまとめました。

    Thank you, but no thank you. ありがとう、でも結構です。】

    A:Would you like another cup of coffee?

    コーヒーのお代わりはいかがですか?

    B:Thank you, but no thank you.

    ありがとう、でも結構です。

    Thank you for asking. 気遣ってくれてありがとう。】

    A:Do you need a hand?

    手伝おうか?

    B:No I am fine. Thank you for asking.

    いいえ、大丈夫。気遣ってくれてありがとう。

    【Thanks anyway.(とにかく)ありがとう。】

    A:Do you want me to carry that for you?

    荷物持とうか?

    B:No. I’m ok. Thanks anyway.

    あ、大丈夫。ありがとね。

    まとめ

    年齢や相手との間柄などにかかわらず、基本的には Thank you でOKです。

    より感謝の気持ちを強く伝えたい場合や、ビジネス会話などシチュエーションに合わせた会話ができるようにしたいのであれば、Thank you 以外の表現も覚えておくと良いでしょう。

    それではまた、See you!

    英語力を「劣化」させないために
    何度でも聞ける1対1レッスンはコスパ最強
    【先生を選んで、無料体験する!】

    開く

    この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

    飲み屋

    飲み屋での英語

    Hello!こんにちは、事務局佐藤です。さあ、今日も元気に英語でコミュニケーション♪今回のテーマは「飲み屋での会話」です。あなたは同僚と飲み屋へ行きました…