独学ala英会話教室

日常英会話

通勤について

今日のテーマは「通勤について」です。

トモコとKateが社内で話をしています。

トモコはKateに通勤手段を聞かれました。

さて、どんな会話になったのでしょうか。

会話

Tomoko and Kate are talking at their office. (トモコとケイトは社内で話をしています。)

Kate: Where do you live, Tomoko? (どちらにお住まいですか、トモコ。)

Tomoko: I live in Kichijyoji. (吉祥寺に住んでいます。)

Kate: How do you come here? (ここへはどうやって来ていますか?)

Tomoko: I come here by train. (ここへは電車で来ています。)

Kate: How long does it take you to come to our office? (会社へはどのくらい時間がかかりますか?)

Tomoko: It takes me about an hour. How about you? (だいたい1時間かかります。あなたは如何ですか?)

Kate: It takes me only 10minutes on foot. I live near our office. (歩いて10分しかかかりません。近くに住んでいるんです。)

Tomoko: So, you don’t need a commutation ticket, right? (では、定期券は必要ないですね?)

Kate: That’s right. (そうです。)

ワンポイント

How do you come~?:来るための手段を聞くときの決まり文句。

by train:「電車で」 byの後を変えて、carやbusなどとします。

How long does it take you to~?:どれくらい時間がかかるのかを聞きたいとき。

on foot:「歩いて」と言いたいとき。

a commutation ticket:「定期券」 a commuter ticketあるいは、a season ticketとも言います。

つ・ぶ・や・き

徒歩で通える範囲に職場があるなんて、うらやましい~!

あなたは、職場までどれくらいかかりますか?

私は自転車で20分ほどかかります。

そういえば、自転車通勤の人が増えていますね。

良い運動になりますからね~。

  • 英語先生はみんな優秀。ネイティブの先生と直接会って交流ができる英語教室です。
  • S1英会話では、プロの社会人講師から、留学生まで幅広い経歴と年齢層の先生が登録しています。
  • ご希望の地域や最寄り駅から、ご希望に合わせて英語先生を探せます。

独学ala英会話教室~しようとしている前のページ

家族のことを話す次のページ独学ala英会話教室

関連記事

  1. 独学ala英会話教室

    日常英会話

    英語で学ぶ:インディアンと日本人の夢の取り違え

    こんにちは。海外旅行の土産として気になるのが、その場所で作られた特産…

  2. 独学ala英会話教室

    日常英会話

    味や食感を英語で説明する方法

    食事について「どうだった?」と聞かれた時、英語で上手に受け答えができ…

  3. 独学ala英会話教室

    日常英会話

    ロイヤルベビーを包むイギリス・レース

    手芸のレースといってまず思い浮かばれるのは、ヴェネツィアン・レースや…

  4. 独学ala英会話教室

    日常英会話

    服を買うときの表現

    Hello!こんにちは、事務局佐藤です。さあ、今日も元気に英語…

  5. 独学ala英会話教室

    日常英会話

    英語での言い合いとケンカ

    こんにちは。アメリカ人の基本的な性格は、自分の意見をしっかり言うことで…

  6. 独学ala英会話教室

    日常英会話

    英語の日常会話②アメリカで服を買う

    こんにちは。普段使う会話として「衣・食・住」の会話を紹介しています。前…

  1. 独学ala英会話教室

    英語勉強

    「同じ発音だけどスペルが違う」英語の言葉
  2. 独学ala英会話教室

    日常英会話

    存在しないサッカー英国代表チーム
  3. 独学ala英会話教室

    英文・英語表現

    転職に関する英会話
  4. 独学ala英会話教室

    日常英会話

    イギリスで歯医者デビュー
  5. 独学ala英会話教室

    日常英会話

    イギリス発行の世界ナンバーワンたち
PAGE TOP