海外生活情報

アメリカのコインコレクション

こんにちは。趣味のひとつに、コレクションというものがあります。自分の好きな物の種類を集めることです。

切手であったりフィギュアであったり洋服であったり、と集める物はなんでもあります。珍しい物であればなおさら集めたくなるものです。

25セント硬貨の種類

切手や記念コイン、その国独特の物産であれば、他の国では購入する事はとても難しいです。

そしてアメリカでは記念コインでも、普通に流通しているコインでもコレクターがいます。このコレクター達はどのようなコインを集めているのでしょうか。

会話

ブライアンとケイの会話を見てみしょう。ケイとブライアンはアメリカの何について話をしていたのでしょうか。

Brian: Hi, Kei!  What are thinking with looking at some quarters?

やあ、ケイ!25セントを見ながら何考えているの?

Kei: Hi, Brian.  I was just wondering, how many designs of quarters are here in America?

やあ、ブライアン。どれくらいのデザインの25セントがアメリカにはあるのか、不思議に思っていたんだ。

Brian: Oh, you are thinking about such a thing!  There are more than 50.  I haven’t counted.

ああ、そんなこと考えていたんだ!50以上もあるよ。数えたことないよ。

Kei: In my coin purse, I have 4 designs of quarters.  Each one has the state name, and the pictures are on.  I think these pictures are stating each state’s symbol.

僕の小銭入れには、4種類の25セントがあるよ。それぞれには州の名前と絵があるね。これらの絵は各州のシンボルではないかと思うよ。

Brian: You are right.  We have designs of each state, and few years ago, 6 designs are added.

その通り。各州のデザインがあって、数年前に、6つのデザインが追加されたよ。

Kei: I have a design of volcano.  Is this design of Hawaii?

火山がデザインされたものを持っているよ。これはハワイのデザイン?

Brian: It is the coin of new design, different from the state series.  We have started the new design, National Parks. 

それは新しいコインのデザインで、州シリーズとは違うよ。国立公園という新しいデザインを始めたんだ。

I think it is Hawaii Volcanoes National Park.  It is the commemorative coin, you are lucky!

それはハワイ火山国立公園じゃないかと思うよ。それは記念コインだよ、ラッキーだね。

Kei: I have had enough!  I will confuse, when I pay.

もうたくさんだ!支払いの時、困るよ。

Brian: Take it easy.  The new designs are still coming.

気楽に考えなよ。新しいデザインもまだでてくるよ。

ブライアンとケイは25セントコインについて話をしていたようです。絵柄の種類がいっぱい存在して、ケイは混乱してしまったようです。

ポイント

では、会話の中で出てきた言い回しや単語をみてみましょう。

  • Hawaii Volcanoes National Park ハワイ火山国立公園
  • commemorative coin 記念コイン
  • I have had enough! もうたくさんだ!

quarter 

25セントコイン 

1/4 という意味を持っていますが、コインに関しては25セントとして使用されます。

この他にも、1セント=penny(ペニー)、5セント=nickel(ニッケル)、10セント=dime(ダイム)と呼ばれます。会話の中ではこちらの呼び名を使用します。

you are thinking about such a thing! 

そんなこと考えていたんだ!

Such a thing で「そんなこと」と、つまらない物に対して使われます。

coin purse

コイン財布

Purse は「財布」ですが、アメリカ英語ですとハンドバックの意味にとられることが多いです。

小銭入れとして使用したい場合は coin をつけ、coin purse と言います。逆に wallet は「札入れ」であり、コインを入れる財布はさしません。

Take it easy 

気楽に考えなよ

気負わないで、などという意味でよく使われます。この他にも、「じゃあね、さよなら」などの意味としても使われます。

記念硬貨

アメリカの25セントコインの絵柄は、通常ワシです。しかし1999年から2008年にかけて、アメリカの50州それぞれの特徴をもったコインが発行されました。

更に2009年には新たにワシントンD.C.とアメリカンに関連する5つの地域、プエルトリコ、北マリアナ諸島、グアム、アメリカ領バージン諸島、アメリカ領サモアも追加されました。

そして現在は、2010年から2021年にかけて56種類発行される、国立公園がデザインされたコインの発行がはじまりました。

【1ドルコインにも記念硬貨】

25セント以外にも、1ドルコインとして、2007年から2016年にかけて大統領とファーストレディの肖像がかかれたコインも発行されています。

全て記念コインですが、特に50州のコインは発行数が大量であるために、一般的に流通しています。

ネットショップでも、コレクション用の台紙が売られているなど、一度は全てのデザインを見てみたくなるコインです。

コイン収集の楽しみ

アメリカに旅行に行った際に買い物のみで集めるのは大変で、揃えられているコレクションブックを買う方が確実に集められます。

しかし、滞在するのであればお買いものごとにコインを見て収集し、楽しく集められそうです。

行ったことのない州やあまり知らない州のシンボルをコインでみて、新しく興味がわいてくるかもしれません。

滞在している国をよく知るチャンスが財布に転がっていたりするものです。

ではまた、See you!

今回の英語での表現は、覚えられましたか?(英語を150%活用するために)

口に出して何度も読んでみるとしっかり覚えられますよ。

「発音記号を見てもよくわからない。」「独学では、英語の正しい発音に自信が持てない」という方におすすめなのがネイティブとのマンツーマンレッスン。正しい発音を学ぶことができますし、自分に必要な内容だけを何度でもしっかり学ぶ事ができるのです。

ただ、マンツーマンだと気になるのが価格。そこでおすすめなのがS1英会話スクール。教室よりも低価格で、自宅近くなど好きな場所でマンツーマンレッスンを受けることができます。お気に入りの先生が見つかるまで無料でお試しできますので、まずは無料体験レッスンを受けてみてはいかがでしょうか。

気になる先生を探して無料体験レッスンを受ける

実際にレッスンを受けた生徒さんの感想をみる

おすすめ英会話レッスン

最新の英会話レッスン

PAGE TOP