イギリス発行の世界ナンバーワンたち

  1. 日常会話で覚える英単語

こんにちは。何に対しても1番はすごいもの。1番には金メダルやトロフィーが贈られ、表彰されます。そして打ち出した記録は誰かに抜かれるまで保管されています。

スポーツや学力などでは、それぞれの協会で管理されていますが、その他はどうなのでしょうか。

ギネスの世界記録

ギネス世界記録は、あまり重要視されていない記録も登録されています。おもしろい記録として、三角コーンの最多コレクション者、人間が創造したもので最も高額な物体、それに世界で最も狭い道路などがあります。

そしてこの世界記録を集めてみようと思った人は、収集とは全く別の仕事をしている人でした。どのような仕事をしていたのでしょうか。

会話

リードさんと竹井さんの会話をみてみましょう。

Mr. Lead: Cheers, Mr. Takei on your promotion!  Hard work always pays you.

昇進おめでとうございます、竹井さん!いつも一生懸命やったことが報われましたね。

Mr. Takei: Thank you Mr. Lead.  I need to brace myself to fit my new position.

ありがとうございます、リードさん。新しい地位に適する為に、気を引き締めなくてはいけませんね。

Mr. Lead: Is that okay for you that the celebrations toast is done by beer?

お祝いの乾杯がビールで良かったのですか?

Mr. Takei: That’s great for me.  I love beer and drinking them in pub is very good for me.  I like to watch many types of glass decorations.

それがいいのですよ。私はビールが好きですし、パブでそれを飲むのが良いのです。たくさんの種類のグラス飾りを見るのが好きなのです。

Mr. Lead: Every decoration is advertisement of beer breweries.

飾りの一つ一つがビール醸造所の広告なのです。

Mr. Takei: If so, my favorite decoration “Guinness” is also the beer brewery.

もしそうでしたら、私の好きな飾りの「ギネス」もビール醸造所なのですね。

Mr. Lead: That’s true.  Guinness is the beer brewery in Ireland.

そうなのです。ギネスはアイルランドのビール醸造所ですよ。

Mr. Takei: But I thought the book of Guinness is published in England.

でもギネスの本はイギリスで発行されていると思いましたが。

Mr. Lead: The representative of the brewer thought to make book of number ones. 

醸造所の代表がナンバーワンの本を作ったらどうかと思ったのですよ。

And he asked the investigation and publication in London’s company. 

そしてロンドンにある会社に調査と出版を依頼しました。

From this, the “Guinness Book of Records” publishes in London.

このことより「ギネス世界記録」の本はロンドンで出版されているのです。

Mr. Takei: I didn’t know that relationship!  It’s good to know.

そのような関係を知りませんでした!知る事ができてよかったです。

ギネス世界記録を考えた人は、ビール醸造をしている会社で働いていました。

ポイント

会話ででてきた単語や言い回しをみてみましょう。

  • on your promotion(あなたの)昇進
    最初に”Congratulation”をつけて”Congratulation on your promotion”で「昇進おめでとう」というお祝いの言葉になります。
  • hard work always pays you 一生懸命やったことが報われる
  • to brace myself 気を引き締め
  • toast 乾杯
  • beer brewery ビール醸造所
  • representative 代表

ギネス世界記録とビール醸造所が関係しているように、様々なものが意外な関係性をもっていたりします。

有名なものでいえば有名レストランに与えられる、ミシュランの星ではないでしょうか。こちらはフランスにあるタイヤメーカーの、ミシュランから発生したものです。

賭け事が大好きなイギリスで発行するのもまた納得できます。

ギネスに登録される条件

さて、様々な記録を保管しているギネスですが、日本にもギネスの支社があります。有料の優先サービスを使用しない限り、3か月以上対応を待たなくてはなりませんが、返信は必ずきます。

そしてギネスの記録として認められるには様々な条件がありますが、おもしろいのが「今後記録が破られる可能性がある」というものです。

また「世界で最も売れている年間本」や「イギリスの公立図書館で一番盗まれる本」にも自ら登録されたことがあるなど、笑えてしまう登録もとてもイギリスらしいですね。

それではまた、See you!

英語を学ぶのに最適な方法は、マンツーマン【無料体験実施中!】

教科書を使って基礎から文法、検定対策などもOK。ベテラン講師だから完全初心者の人も安心。私達と一生使える完全な英語力を身につけませんか。

まずは、講師検索(無料)

関連記事(英語勉強)

日常会話で覚える英単語 1日3分(無料メルマガ)
開く(購読無料)