物の場所について英語で正しく表現

  1. 英語勉強

物や人の場所を説明する時に「これ」「あれ」「あっち」「そっち」といった言葉を使います。普段何気なく使い分けているこれらの言葉ですが、いざ意味を説明してと言われると案外難しいものです。

英語にも、このような場所を表す言葉があります。

コレは「This」アレは「That」

「これ」は英語で「This」と表現します。基本的に自分の近く(手に触れられる範囲)にあるものを指して使います。

This pen is mine. 

このペンは私のものです。

This is my bag.

これは私の鞄です。

This」は対象のものが単体である時に使います。一方で対象物が複数ある場合に日本語では「これら」と言いますよね。「これら」を英語にすると「These」です。

These pens are mine. 

これらのペンは私のものです。

These are the oranges I bought today. 

これらは私が今日買ってきたオレンジです。

「あれ」「それ」は英語で「That」と表現します。Thisが近くにあるものを意味していたのとは対照的に、Thatは少し遠くにあるもの・手の届かない範囲にあるものを指して使います。

That pen is mine. 

あのペンは私のものです。

That is my bag. 

それは私の鞄です。

This」の複数形は「These」でした。これと同じように「That」の複数形は「Those」です。対象物が複数の場合は、「あれら・それら(Those)」を使います。

Those pens are mine. 

あれらのペンは私のものです。

These are the oranges I bought today. 

それらは私が今日買ってきたオレンジです。

コッチは「over here」アッチは「over there」

こちらも物や人の場所を表す時に非常によく使う言葉です。「こっち」は自分が今いる場所から比較的近くのエリアを指して使う言葉で、英語にすると「over here(こっち)」や「this way(こっちの道)」と表現します。

Is it over here? 

こっちにあるかな?(探し物をしている時など)

I think it’s over here. 

こっちの方だと思うんだけど。(道の話)

自分が今いるエリアから少し離れた場所を意味する「あっち」を英語にすると「over there」や「that way(あっちの道)」となります。

I think I saw it over there. 

あっちにあったと思うよ。

That way is always crowded. 

そっちの道はいつも混んでいる。

会話

JamesとAyaが会話をしています。

James:Are you looking for something?

何か探し物をしているの?

Aya:Yes. I don’t have a bicycle key, Didyou see it somewhere?

そうなのよ。自転車の鍵がなくて、どこかで見なかった?

James:It doesn’t seem to be here.How’s it?

ここにはなさそうだけど。どんな鍵なの?

Aya:I’m using the Spongebob keyring on it.I’ll see that room.

スポンジボブのキーホルダーが付いているの。あっちの部屋も見てくるわ。

James:Do you mean this?

これのこと?

Aya:Ah… Not that one.

あ~。それじゃないの。

James:I’ll look over here.

僕はこっちを探しておくよ。

Aya:Thank you. That would be great.

ありがとう。助かるわ。

ポイント

会話で出てきた単語や表現をおさらいしましょう。

Somewhere どこか

How’s it? それはどんな感じ?

「色」や「大きさ」など具体的なことを尋ねるのではなく、おおざっぱに雰囲気や特徴を尋ねる時の定番フレーズです。itの部分を変えれば、かなり応用が効くので覚えておきましょう。

例)How’s this drink? この飲み物どんな感じ?

例) How’s your job? 仕事はどんな感じ?

Keyring キーホルダー

キーホルダーは和製英語なので、英語圏では通じません。英語では「key chain」や「key ring」と言います。

That would be great. 助かります。

丁寧にお願いする時や相手の協力に感謝を伝える時の定番フレーズです。直訳すると「それはとても素晴らしいことです。」となりますが、日本語でいうところの「助かります。」にとても近い使われ方をします。

まとめ

ThisThatを間違えたところで、意味が伝わらないということではありませんのであまり重要視していないという方も多いようです。しかし同じくらいの英語力であってもこの使い分けがきちんとできているか否かで印象は大きく変わります。

あれ・これ・あれら・これらを正しく使い分けられるようになりましょう。

それではまた、See you!

英語を学ぶのに最適な方法は、マンツーマン【無料体験実施中!】

教科書を使って基礎から文法、検定対策などもOK。ベテラン講師だから完全初心者の人も安心。私達と一生使える完全な英語力を身につけませんか。

まずは、講師検索(無料)

関連記事(英語勉強)

S1英会話教室de勉強

意外に使える、英語のhaveを使った文

こんにちは。文法が簡単で覚えるのが楽と言われている英語ですが、三単現のsや、特別な変化をする不規則動詞など、日本人にとってはやはり難しいものです。そしてそれらの…

S1英会話教室de勉強

タバコに関する英語表現

日本では煙草(タバコ)と呼びますが、これ実は原料の葉っぱのことを指している言葉だというのを知っていますか?タバコをはじめとした喫煙に関する英語表現を、わかりやす…

S1英会話教室de勉強

リスニング力をアップさせるため

先日日本からの留学生とお話する機会があったのですが、“カナダに来て半年経っても一向にリスニングが伸びない“ことを悩んでいるとのことでした。英会話の上達=“スピーキング力…

日常会話で覚える英単語 1日3分(無料メルマガ)
開く(購読無料)