英会話講座

英語の「タレント」は芸能人ではない

こんにちは。日本では多くの人々が憧れる「芸能人」という職業に対して「タレント」という言い方があります。

日本語の「タレント」は英語では”talent”と書きます。しかし英語ではこの言葉は必ずしも「芸能人」を指すわけではありません。

英語のタレントは「才能」

日本人がよく使う「タレント」はテレビやラジオ番組に出演する芸能人、という意味合いで多く使われています。その為英語でtalentと聞くと、どうしても「芸能人」が頭をかすめる人が多いでしょう。

しかし英語で使用している場合は「才能」や「手腕」などの意味がメインとなります。日本語でもこれらの意味合いを持っていますが、あまりこういう内容で使われないのが現実です。

会話

では、どのように使われるか会話の中でみてみましょう。

Caroline: Hi, Amelia.  Thank you for helping me again.

こんにちは、アメリア。また手伝ってくれてありがとう。

Amelia: Not at all, Caroline.  I’m excited to prepare for another party.  So, the next party is your pretty niece’s birthday party to become 1.

問題ないわ、キャロライン。別のパーティの準備ができるから楽しみなのよ。今度のパーティはあなたのかわいい姪っ子の1歳の誕生日でしょ。

Caroline: My sister gave me $100 for the preparation cost.  In this money, we have to make some temptation sweets, and room decoration.

姉は準備費用して100ドルくれたわ。このお金で美味しいなお菓子と部屋を飾らなくてはならないの。

Amelia: How many guests are invited?

お客さんは何人くるの?

Caroline: 12 adults and 5 kids.

大人12人と子供5人よ。

Amelia: Okay, then it is better to make sweets by our self.  I can make cupcakes and brownies. 

了解、それならばお菓子は私達で作る方がいいわね。カップケーキとブラウニーなら作れるわ。

Let’s decorate it with nice unicorn creams.  But, what’s up Caroline?  You look smiling.

ユニコーンのクリームで飾りましょう。でも、どうしたの、キャロライン?笑っているわよ。

Caroline: I’m glad that I ask you for the help.

あなたに助けてもらって良かったわ。

Amelia: How come?

どうして?

Caroline: Because you are talented for arranging parties.  My sister was very pleased to you for making wonderful baby shower last year.

だってあなたはパーティ準備の才能があるから。姉がね、去年のベビーシャワーがとても素敵だったって、準備してくれたあなたに感謝していたの。

Amelia: Really?  I haven’t thought about that.  Then I do my best to make her happy again.

本当に?そんなこと考えたことなかったよ。それならもう一度お姉さんを喜ばせる為に、頑張らなくちゃね。

会話ではアメリカの才能を褒める為に、キャロラインが”talent”の単語を使用していました。

ポイント

それでは会話ででてきた単語や言い回しをみてみましょう。

  • not at all 問題ないわ

感謝された時の「どういたしまして」と同等の意味をもちます。

  • temptation candies 美味しいなお菓子

Temptation には「誘惑」や「心をひきつけるもの」の意味をもちますが、「お菓子」に対する「心をひきつけるもの」なので「美味しいお菓子」

  • unicorn creams ユニコーンのクリーム

今ユニコーンが世界中の女の子に大人気です。このクリームは白・ピンク・水色で作るユニコーンをイメージしたクリームで、アメリカではこのクリームのデコレーションが大人気です。

  • talented 才能がある
  • do my best 頑張る

会話で使われていた”talent”は、一般的な会話での話です。日本のように芸能に関する話ではありません。

逆に芸能人をさしていう場合には”public entertainer”や”professional entertainer”を使います。しかしこれでも堅苦しさがあるため、特定の職業、”actor”や”singer”、”comedian”などを利用します。

その為”entertainer”という単語を通常の会話で聞くことはあまりないでしょう。

talentは自分に使わない

今回の会話では、相手の才能を褒める時に”talented”を使用しました。この言葉は基本的に相手に対して使う言葉です。

逆に自分の能力を伝える時は”I’m good at ~”や”my favorite skill”などを使用してみましょう。高慢な態度に取られずに、その得意な能力を披露できるでしょう。

それではまた、See you!

今回の英語での表現は、覚えられましたか?(英語を150%活用するために)

口に出して何度も読んでみるとしっかり覚えられますよ。

「発音記号を見てもよくわからない。」「独学では、英語の正しい発音に自信が持てない」という方におすすめなのがネイティブとのマンツーマンレッスン。正しい発音を学ぶことができますし、自分に必要な内容だけを何度でもしっかり学ぶ事ができるのです。

ただ、マンツーマンだと気になるのが価格。そこでおすすめなのがS1英会話スクール。教室よりも低価格で、自宅近くなど好きな場所でマンツーマンレッスンを受けることができます。お気に入りの先生が見つかるまで無料でお試しできますので、まずは無料体験レッスンを受けてみてはいかがでしょうか。

気になる先生を探して無料体験レッスンを受ける

実際にレッスンを受けた生徒さんの感想をみる

おすすめ英会話レッスン

最新の英会話レッスン

PAGE TOP