野球英語やスポーツ 観戦にまつわる英語フレーズ

  1. 日常会話で覚える英単語

Hello, there! こんにちは。

みなさん、お元気ですか?

私の住んでいるToronto には、ナイアガラの滝観光が目的の日本人が毎年たくさん訪れますが、実はトロントはナイアガラの滝以外にこれといって大した観光名所がありません(苦笑)

実際私の家族や親戚・友人も「ナイアガラの滝以外に何があるの?」といった感じで毎回案内に困っていたのですが、 最近はMLB (Major League Baseball)の地元チームToronto Blue Jaysにちょっとした日本人旋風が巻き起こっており、誰かが遊びに来ると地元での野球観戦に連れて行っています。

ここ地元Torontoで大人気の日本人baseball player・・

そう、川崎宗則選手です。

誰からも愛されるキャラクターでチームのムードメーカー的存在の彼は、カナディアンの間でも大人気。

彼がバッターボックスに立つと片言の日本語での声援も聞こえるほどです。

先日は、リトルリーグの頃から野球を続けている甥っ子を連れて、川崎選手の活躍を観に行って参りました。

川崎選手にも見えるように、日の丸入り日本語ポスターを作ってジャパニーズをアピール(笑)

週末だったこともあり球場は混んでいましたが、甥っ子はMajor League ならではの雰囲気に大興奮でした。

英語の勉強に、となんとラジオ中継を聞きながら試合を見ていた彼。

映画の台詞を英語字幕で確認しながら見る 感覚?に似ているのか、結構初めて聞いた英語がスンナリ入ってくる、と満足そうでした。

そこで今回のコラムでは、彼が学んだ野球英語やスポーツ観戦にまつわる英語フレーズをご紹介したいと思います♪

★野球ルールに関する英語★

strikeout : 三振

a fast ball : 直球

walk : フォアボール

to get hit by the pitch : デッドボールを受ける

a ground ball : ゴロ

a double : 二塁打

a triple : 三塁打

a grand slam home run : 満塁ホームラン

a pop-up : フライ

a no-hitter : ノーヒットノーラン

the top of the fifth inning : 5回表

the bottom of the ninth inning : 9回裏

野球に興味の無い人(私もそれほど野球好きではないですが^^)でも、英語的発想を知るのに役立つ表現が多いと思います。

でも、こうして改めて見てみると日本の野球英語 は北米では絶対に通じない奇妙なカタカナ英語が多い気が します。

キャッチボールしようよ、もcatch ball なんて絶対に言いません。

Let’s play catch.が普通の言い方になります。

長くなってきてしまったので、スポーツ観戦にまつわる英語フレーズについては、また次回ご紹介しますね!

★Phrase of the Week★

今週はI’m on the same page.

意味は「私も同じ考えです」 です。

直訳は「私は同じページの上にいます」となります。

これはつまり「同じ立場・見解である」・「共通認識を持っている」というような意味ですね。

ある事柄について「私も同じ見解ですよ」と伝えるフレーズになります。

話の途中で相手の立ち位置を確認したり、進行中のプロジェクトについて見解の相違がないかを確認したり。

ビジネスシーンでもよく使うフレーズになります。

★会話★

A: There are a few people who don’t agree with our new plan. (我々の新プランに賛同しない人間が数人いるんだが。)

B: I’m surprised. But I’m on the same page with you. (それは驚きましたね。でも私はあなたと同じ意見ですよ。)

A: That’s good to know. (それを聞いて安心したよ。)

Toronto Blue Jaysの試合観戦に行ったお話をしましたが、実はその後、ここTorontoにてなんと!

AC Milan 所属の本田選手のプレーを見る機会に恵まれました。

北米数カ所を拠点に行われた親善試合のうちの1つだったのですが、ヨーロッパで活躍する選手を北米で見る事が出来るなんて、しかも息子の大好きな本田選手が来るなんて!と当日は大張り切り。

今回も息子と一緒に日本語で作ったポスター持参で行って参りました〜。

試合は残念ながら負けてしまいましたが、生で見る本田選手その他World Cup で活躍していた大勢の選手達をかなりの至近距離で見る事が出来たのは贅沢でしたね。

今日はそんな興奮冷めやらぬテンションで、スポーツ観戦時に知っていると役に立つフレーズを取り上げてみたいと思います。

★ワンポイント★

I’m a big fan of Honda. 「本田選手の大ファンです。」I’m a huge fan of という言い方もあります。(同じ意味です)

Which team / Who are you supporting? 「どのチーム(誰)を応援しているのですか?」

Let’s go Kawasaki! 「さぁ川崎、頑張って行こう!」

That was close. 「今のは危なかった」 相手チームがもう少しで得点しそうだった、もう少しでアウトになるところだったなどというドキドキ・ハラハラな場面で使います。

Nice try. 「残念、惜しい→あと少しでゴールが決まりそうだった、もうちょっとでホームランになりそうだった」など惜しいプレイがあった時に使います。

We won! 「勝ったぞ!」

Japan beat US 3 to 0. 「日本はアメリカに3対0で勝った」 英語では数字の大きい方を先に言います。

Our team almost made it. 「あとちょっとだったのに惜しかったね」 almostはあと少しのところで、make it はここでは勝ち進むという意味です。

スポーツイベントのPublic Viewing は外国人のお友達を作る絶好のチャンスです。

これらのフレーズを駆使して是非世界を広げてみて下さい。

Toronto Blue Jays の川崎選手にしても、AC Milan の本田選手にしても、ベンチに居る間は楽しそうにチームメイトと談話していたのが印象的でした。

多少言葉の壁があってもそれをものともせずに飛び込んで行ける勇気、柔軟な精神・・・

それらがあればきっと海外で成功出来る、そんなことを感じた夏のスポーツ観戦でした。

★Phrase of the Week★

今週はI’m afraid of heights.

意味は「高所恐怖症なんだ」

be afraid of 〜で〜を怖がるという意味ですが、ニュアンスとしては〜が苦手だと覚えておくといいと思います。

それでは実際の会話で見てみましょう。

★会話★

A: Stop by my new apartment. You’ll enjoy the great view of the city from the 20th floor. (新しいアパートに寄って行ってよ。20階からの街の眺めは素晴らしいわよ。)

B: I can’t. (行けないよ。)

A: Do you have any plans today? (今日は用事でもあるの?)

B: No, I don’t. It’s just… (いや、そうじゃないけど、たださ・・・)

A: What? (何よ?)

B: I’m afraid of heights. (高所恐怖症なんだよ。)

こんな具合です(^^)他にも

I’m afraid of dark. (暗い所が苦手です)

I’m afraid of closed space.(閉所恐怖症です)

なども比較的よく使いますね。

もちろん医学的にはきちんとした専門用語がありますが、 日常会話レベルではこういった言い回しを知っている方が 絶対に重宝しますよ。

それではまた次回!

Talk to you later!

無料体験実施中!英語なら、マンツーマンレッスン

教科書を使って基礎から文法、検定対策などもOK。ベテラン講師だから完全初心者の人も安心。私達と一生使える完全な英語力を身につけませんか。

まずは、講師検索(無料)

関連記事(英語勉強)

S1英会話教室de勉強

楽しみながら英語留学

こんにちは。最近は日本でも英語力を高める為に、公立の小学校から英語の授業が始まりました。日本人の一生も、日本国内のみという時代ではなく、世界に広がっています。英語を覚…

日常会話で覚える英単語 1日3分(無料メルマガ)
開く(購読無料)