日常英会話

普段の行動について話す

今回のテーマは「普段の行動について話す」です。

トニーとミチコが普段の行動について会話をしています。

早速その会話を覗いてみましょう。

会話

Tony and Michiko are talking. (トニーとミチコが会話をしています。)

Tony: What do you do on weekends? (週末は何をしているの?)

Michiko: I watch TV and do netsurfing. How about you? (テレビを見たりネットサーフィンをするわ。あなたは?)

Tony: I usually meet my friends and eat out with them. (ぼくは、たいてい友達に会って一緒に外食するよ。)

Michiko: What do you do on weekdays? (平日は何をしているの?)

Tony: I go to my office and work from 9:00 a.m. to 5:00 p.m. How about you? (会社で午前9時から午後5時まで仕事をしているよ。君は?)

Michiko: I work at the Japanese restaurant as a waitress for 6 hours. (私は日本レストランのウエイトレスとして6時間働いているわ。)

Tony: Do you have any purpose to do that? (何か目的でもあるの?)

Michiko: Yes, I’m going to study abroad in near future. (ええ、近い将来留学するつもりなの。)

Tony: Which country will you go? (どこの国へ行くの?)

Michiko: Well, I have not decided yet, but I’d like to go to England or America. (え~と、まだ決めてないんだけど、イギリスかアメリカへ行きたいわ。)

Tony: By the way, what will you do this weekend? If you are free, will you eat out with me? (ところで、今週末何をするの?もし、暇なら僕と一緒に外食しない?)

Michiko: Why not? (いいわね。)

ワンポイント

weekends:「週末」 ‘s’が付くのは、特定の週末ではなく何度もやってくる週末のことを指すため。

do netsurfing:ネットサーフィンをする

eat out:外食をする

usually:たいてい

weekdays:平日

as a waitress:「ウエイトレスとして」 asは「~として」

purpose:目的

in near future:近い将来

decide:決める

yet:まだ

this weekend:今週末

Why not?:「ぜひそうしましょう」と相手の申し出に応じるときに使う。

つ・ぶ・や・き

街の中を歩いているといろいろな英語表現と出会います。

午前や午後を表す’a.m.’ ‘p.m.’ですが、街の看板などで、時刻の前に表記してある者を見かけることがあります。

たとえば、a.m. 7:00 のように。

これは、間違いで、数字の後に付けますので気をつけましょう。

おすすめ英会話レッスン

最新の英会話レッスン

  1. 幸せのおすそわけ
  2. 言い合いとケンカ
  3. アメリカの母の味
  4. 盗難後の対応
  5. イギリスの温泉保養地
PAGE TOP