アメリカの高校生の放課後

  1. 日常会話で覚える英単語

こんにちは。様々な場面での英会話の例文がありますが、部活は何をしようかな、好きな人ができた、飛行機の予約を取るなどは、日常ではなく特別な場面です。

このような事は毎日する話ではありませんね。

高校生の親子の会話

では、朝起きて外出するまで、もしくは外出先から家に帰ってきたときにする、家族の日常的な会話はどういうものなのでしょうか。

毎日の会話で使われる、「ただいま」、「いただきます」、「今日はどうだった?」などを使用した会話です。

アメリカ人のブライアンが高校から帰った時の、お母さんとの会話をみてみましょう。

会話

Brian: I’m home!

ただいま!

Mother: How was your day today?  I thought your baseball season has finished, isn’t it?  Did you have a good time?

お母さん:今日はどんな一日だった?野球のシーズンが終わったと思ったんだけど、違ったかしら?楽しめた?

Brian: Yes, it’s over now.  Our team finished with 3rd place in the final tournament.  This place is the good place to end up with.

うん、今は終わったよ。僕たちのチームは最後のトーナメントで、3位で終わったよ。この場所で終われたのはよかったよ。

Mother: You guys did great job!  Well done.

みんなよく頑張ったね!お見事。

Brian: But for me, I wasn’t in a starting members.  I had only few times to play in the last game.

でも僕にとってはね、スタメンじゃなかったんだ。最後のゲームで少ししか出られなかったんだよ。

Mother: That’s the way it is.  You must carry on the practice for the next year.  Keep hard work, then you can be the starting member in next season.

それが現実だよ。来年に向けて練習を続けなくちゃね。しっかり練習を続けて、そうしたら来年はスタメンになれるわよ。

Brian: Okay, I’ll try my best.

オッケー、頑張るよ。

Mother: Go for it!  Well, dinner is ready now.  Wash your hands and bring Katie. 

応援しているよ!さあ、ご飯が今できましたよ。手を洗ってきてケイティを連れてきて。

She is hooked on T.V. games.  Tell her that I will throw away her games if she didn’t come in 5 minutes.

彼女はテレビゲームに夢中なの。5分で彼女が来ないなら、ゲームを全部捨てるわよって伝えて。

Brian: You look really angry, Mom.  I’ll get her as soon as possible. 

本当に怒っているように見えるよ、お母さん。できるだけ早く彼女を捕まえるよ。

ブライアンの部活の話や、妹がゲームに夢中だなど、息子と母親の日常の会話ですね。

ポイント

では、会話で出てきた単語や言い回しを見てみましょう。

  • I’m home ただいま
  • How was your day today? 今日はどんな一日だった?

家族の会話や、仕事終わりの食事やバーなどで、よく使われるフレーズです。

  • You guys みんな

よく自分より年下の複数人の相手に使います。

  • That’s the way it is. それが現実だよ。
  • She is hooked on T.V. games. 彼女はテレビゲームに夢中です。

Be hooked on~ ~に夢中、

どこの国でも、親は子供の学校の行動を知りたいものです。

しかし、男の子は思春期がはじまると一気に親と会話をしなくなります。この男の子の行動は、国籍に変わらずどの国でも見られます。

部活の話などで男の子が話をしやすい雰囲気を作る母親も、どこの国でも見られるものでしょう。

学校帰りの親子の会話も、日本とアメリカであまり変わりがなさそうですね。

日本にあって欧米にないもの

日本では学校から帰ってくると、習い事に出かける子も多いでしょう。そしてその中でも「塾」はほとんどの子供が通っているのではないでしょうか。

しかし欧米に「塾」は存在しません。日本で塾が多いのは、日本では義務教育では留年をしないからです。

しかし欧米では義務教育でも留年します。そしてその代わり飛び級ももちろんあります。

個人の能力を平均レベルに合わせるわけではなく、個人にあったレベルで学ばせています。

どちらが正しいかは、その国の社会情勢にもよるでしょう。しかしこの国は、こういう放課後が当たり前なんだと知っておくだけで、以前より少し世界が自分に近くなるのではないでしょうか。

それではまた、See you!

無料体験実施中!英語なら、マンツーマンレッスン

教科書を使って基礎から文法、検定対策などもOK。ベテラン講師だから完全初心者の人も安心。私達と一生使える完全な英語力を身につけませんか。

まずは、講師検索(無料)

関連記事(英語勉強)

S1英会話教室de勉強

朝食について話す

Hello!こんにちは、S1英会話です。さあ、今日も元気に英語でコミュニケーション♪今回のテーマは「朝食について話す」です。真理子とキャシーが朝食について話をして…

日常会話で覚える英単語 1日3分(無料メルマガ)
開く(購読無料)