英語で“帰省”ってなんて言う?海外の帰省シーズンとは

  1. 日常会話で覚える英単語

日本で帰省シーズンというと、お盆や年末年始ですよね。遠くの祖父母や親戚とワイワイ楽しく過ごすことを楽しみにしている人も多いでしょう。

各国の休暇事情についてご紹介します。

海外の帰省シーズンはいつ?

“お盆”は仏教系の習慣なので、キリスト教徒が多い諸外国には存在しない習慣です。また、お盆のように企業全体を長期休みにすることも、あまり一般的ではありません。

その分、日本よりも有給を使って長期休暇(Holiday)を取りやすいと言われています。そのため、自分の会社や家族の都合に合わせて連休を取得してバカンスや家族との時間を楽しむ人が多いのです。

会話

帰省について、DanielRisaが話をしています。

Risa:Many Japanese usually go back home during the Obon holiday.

お盆休みの間は、多くの日本人が帰省します。

Daniel:What kind of event is Obon?

お盆ってどんなイベントなの?

Risa:Obon is one of the Buddhist event.It is believed that the spirits of our ancestors return to our home at that time.

お盆は仏教行事の一つで、ご先祖様の魂が家に帰ってくると信じられているの。

Many companies shut down at this time, So many people can go back to their hometown.

企業の多くは休みになるから、家族で故郷に帰って過ごすことができるの。

We Japanese feelThis is a very important traditional custom.

日本人にとっては、とても大切な伝統ある習慣なのよ。

Daniel:Wow.That’s a wonderful culture.

わぁ、素敵な文化だね。

ポイント

会話の中に出てきたメキシコの「死者の日」も、お盆同様に先祖の魂を迎える伝統的な習慣です。ディズニー映画『リメンバー・ミー』で取りあげられたことでも話題になりましたね。

それでは、会話で出てきた単語や表現をおさらいしましょう。

  • go back home 家に帰る/実家に帰る
    “遠方の実家”というイメージを強くしたい場合は Parents’ home という表現もGood.
  • during~ ~の間に
  • Buddhist 仏教徒
  • spirits of our ancestors ご先祖様の魂
  • hometown 地元/故郷/出身地
  • We Japanese 私たち日本人
  • similar 似ている/同様の
  • It is also called いわゆる/~と呼ばれている

世界のホリデーシーズン

日本のお盆休みのように、企業も一斉に休みを取るというホリデーは珍しいです。

Daniel の言うように、祝日に合わせてその前後で連休をとってホリデーとするという方が多いとされており、その祝日は国によって異なります。

各国のHolidaySeason

アメリカThanksgiving Day(11月)~NewYear(1月)
カナダThanksgiving Day(10月)
Christmas(12月)~NewYear(1月)
ヨーロッパEaster(3月)
中国春節(1月後半~2月)

まとめ

家族や友人など大切な人と、楽しい時間を過ごしたいと言う考えは世界共通ですね。

「帰省」や「地元」といった表現を覚えて、ホリデーの過ごし方について英語で話をしてみましょう。

それではまた、See you!

英語を学ぶのに最適な方法は、マンツーマン【無料体験実施中!】

教科書を使って基礎から文法、検定対策などもOK。ベテラン講師だから完全初心者の人も安心。私達と一生使える完全な英語力を身につけませんか。

まずは、講師検索(無料)

関連記事(英語勉強)

日常会話で覚える英単語 1日3分(無料メルマガ)
開く(購読無料)