英語で手紙を書く

  1. 英語メール・手紙

英語で手紙を書く時には、日本語の手紙とはまた違ったマナーがあります。宛名の書き方や結びの言葉など、手紙を書く際に必要となる知識を身に付けましょう。

親しさの程度で書き方が変わる

英語の手紙は「日付・宛名・本文・結びの言葉・差出人の名前」という順に書いていくのが基本となります。

この中で、「宛名」と「結びの言葉」は、自分と手紙の受取人とがどういった関係性なのかによって大きく変化するポイントとなります。

まず宛名ですが基本的には Dear To を使って、日本語の「~様へ」の部分を表現していきます。親しい間柄であれば Hello Hi を使っても良いでしょう。

Dear Mr. Tanaka, 

田中さんへ(男性)

Dear Ms. Tanaka, 

田中さんへ(女性)

To Tanaka, 

田中さんへ

Hello Hanako, 

はなこちゃんへ

続いて結びの言葉ですが、こちらも日本語の「敬具」や「かしこ」のようにかしこまった表現と、「またね」のように親しい挨拶があります。

Your truly / Sincerely 

敬意を込めて

Kind regards / Warm regards 

よろしくおねがいします

Xoxo 

大好き

Your friend 

君の友人

Best wish 

上手くいきますように

ビジネスや恩師への手紙なのか友人や家族に対しての手紙なのかによって、これらを上手に使い分けて手紙を書いていきましょう。

会話

ElicとNanaが会話をしています。

Nana:Hi Eric. What’s your address?

ねぇエリック。住所を教えてくれない?

Eric:Sure, What’s up?

いいけど、どうしたの?

Nana:We can’t meet up during the holidays. So I’m thinking of writing a letter to you.

休みの間会えないから、手紙を書こうと思って。

Eric:How about e-mail or telephone?

メールや電話をすればいいじゃない?

Nana:I can treasureit. And, I get excited while waiting.

手紙ならずっと残しておけるし、待っている間わくわくするでしょ?

Eric:Isee. I’m looking forward to it, too.

そういうことね。分かったよ僕も楽しみにしてる。

ポイント

会話で出てきた単語や表現をおさらいしましょう。

Meet up 会う

Meet だけでも会うという意味を持ちますが、Meet は基本的に初めて会う人やフォーマルなシチュエーションで使われることが多い単語です。

友達同士で遊ぶために会うということでの今回のシチュエーションでは Meet up が最適です。

Treasure 大切にする

名詞としてのトレジャーは外来語としても定着している宝や財宝を表す単語です。しかし動詞として使うと、大切にする・大事にするという意味になります。

手紙にまつわる英単語

手紙は英語で Letter ですが、地域によってはインターネット上のメールなども含めた郵送物全般を Mail と表現することもあります。

I wrote a letter to my grandmother. 

私はおばあちゃんに手紙を書いた。

I wrote a mail to my grandmother. 

私はおばあちゃんに手紙を書いた。

また、Mail には「郵送する」という意味もあります。

Mail a letter 

手紙を出す(手紙を郵送する)

I mailed a letter. 

私は手紙を出した。

他にも手紙にまつわる英単語を覚えましょう。

  • Stamp 切手
  • Post office 郵便局
  • Mail box / Post box 郵便ポスト
  • Stationery paper 便箋
  • Stationery envelope 封筒

まとめ

インターネットが普及したことでなかなか手紙を書く機会も少なくなりましたが、手紙には手書きの文字から出る温かみや相手を想う気持ちなど、手紙ならではの良さがあります。

書く・読むという行為も英語力アップに繋がります。英語の手紙を書いてみてはいかがでしょうか?

それではまた、See you!

無料体験実施中!英語なら、マンツーマンレッスン

教科書を使って基礎から文法、検定対策などもOK。ベテラン講師だから完全初心者の人も安心。私達と一生使える完全な英語力を身につけませんか。

まずは、講師検索(無料)

関連記事(英語勉強)

日常会話で覚える英単語 1日3分(無料メルマガ)
開く(購読無料)