海外旅行必見!英語でタクシーをスムーズに利用するコツとフレーズ集

  1. 会話で学ぶ英語表現

海外へ行くと、空港からホテルへなどタクシーを利用する機会があるかもしれません。滞在を楽しく、思い出深いものにするためには、事前準備が大切。

今回は、タクシーの呼び方やスムーズに利用する英会話のコツについて考えてみませんか。

基本のキ:タクシーと類語の違い

海外でタクシーが必要になった際、英語でどのように言えばいいのか。そんな「タクシーの呼び方・使い方」についてお話する前に、日本のタクシーとカナダのタクシーの相違点をおさらいしておきましょう。

普段何気なく利用することの多いタクシーですが、比較してみると、今まで知らなかった意外な事実が浮かび上がります。

タクシーとキャブの違い

日本語では街中を走る料金制の車を「タクシー」と呼ぶのが一般的です。一方、英語には TaxiCab という2つの単語があります。この2つの単語の意味の違いを、英英辞書の内容を参考に考えてみましょう。

Taxi:タクシー】

Plural taxis In full taxi-cab

複数形 taxis 略さずに表現すると taxi-cab

A car that plies for hire, usually with a meter to record the fare payable.

運賃メーターを供えた、レンタルを目的とした車

「The Oxford Dictionary」より

Cab:キャブ】

1) a taxi.

1)タクシー。

2) a compartment for the driver of a train, lorry, or crane.

2)電車、大型トラック、またはクレーンの運転手用の区画。

「The Oxford Dictionary」より

つまりタクシーは略語であり、正式名称は「Taxi-cab」です。英語圏ではこの Taxi-cab を略して Taxi と言う人もいれば Cab と言う人もいるということ。

意味はもちろんニュアンスや丁寧度合いなどは変わらないため、自分の言いなれている方を使ってOK。ただしどちらの単語が出ても、意味は分かるようにしておきましょう。

タクシーとハイヤーの違い

タクシーと同じようにお金を払って送迎してもらうサービスとして「ハイヤー」という言葉を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか?

街中で気軽に拾えるタクシーとは異なり、役員の専属社用車・要人の空港への迎えなど、どちらかというと格式のようなものが重んじられる状況の送迎車をハイヤーと呼びます。実はこのハイヤーは和製英語で、英語の Hire に車の意味はありません。

  • Hire…雇う、雇用する、(お金を払って)一時的に借りる

Please hire me at this company.

私をここの会社で雇ってください。

Can I hire a guide who speaks Japanese?

日本人ガイドを付けることはできますか?

運転手付きの大型高級車といいたい時には「Limousine(リムジン)」を使いましょう。

  • Limousine…運転台と客席の間に仕切りのある箱形自動車

A black limousine drew up in front of the bar.

黒いリムジンがバーの前に止まった。

Would you like to rent a limou and party?

リムジンを借りて、パーティーをしない?

Limousine は略して Limou と呼ぶこともあります。カジュアルなシーンの会話でぜひ使ってみてください。

タクシーの拾い方

日本では、道でタクシーを見つけて乗ることを「タクシーを拾う」と表現します。表示が「空車」となっているタクシーに向かって、歩道から手を上げれば「乗りたい」という合図になります。

海外では、「タクシーを呼び止める」と表現するのが一般的です。

Go out onto the main street and hail a taxi.

大通りに出て、タクシーを呼びとめよう。

Can you hail a taxi for me?

タクシーを呼びとめてくれる?

「拾う」を意味する Pick up は、道に走っている空車のタクシーを呼びとめるという意味では使いませんので注意しましょう。

国によっても異なりますが、多くの地域では日本のタクシーと同じように、フロントガラス部分や上部についているランプが点灯しているかどうかで空車かどうかを確認できます。また呼びとめる際の合図も、歩道からタクシーに向かって手を上げるだけでOKです。

注意点はドアの開閉は手動である点。日本のようにドライバーがボタンで開けてくれるということはありませんので、自分で開けて乗り込みます。

タクシーの利用方法

タクシー利用時:英語の基本表現

タクシーを利用する時に使える英語表現を学びましょう。車の手配から、乗車時・支払い時などシチュエーション別にまとめましたので、渡航時の参考にしてください。

タクシーを手配する(タクシー会社に電話をする)

タクシー会社に連絡をするとコールセンターに繋がり、オペレーター(Operator)と対話できます。オペレーターに場所を伝え配車を依頼しましょう。

Tomとオペレーターの会話を見てみましょう。

Operator:Hello. Thank you for calling ABC taxi. How can I help you?

こんにちは。お電話ありがとうございますABCタクシーです。いかがなさいましたか?

Tom:Hello. I’d like a taxi to 1234 Johnson Street please?

こんにちは。ジョンソンストリート1234番地まで、タクシーをお願いできますか?

Operator:I understand. May I have your name, please?

かしこまりました。お名前をいただけますか?

Tom:I’m Thomas. And we are We are four.

トーマスです。4人で利用します。

Operator:Let me repeat that. 1234 Johnson Street, 4 people, and your name is Thomas right?.

わかりました。復唱します。ジョンソンストリート1234番地、4名様、お名前がトーマスさんですね?

Tom:Yes. How long will you take?

はい。どのくらいかかりますか?

Operator:It will take about 5 minutes to arrive.

5分ほどで到着します。

Tom:Okay.

わかりました。

Operator:Thank you for calling. Good-bye.

お電話ありがとうございました。

電話で依頼をする時は、スマホのマップ機能などで番地を調べて伝えるのが効率的です。大きな通りの場合には「I’m in front of ○○.(○○というお店の前に居ます)」など自分の場所をより詳しく伝えてください。

タクシーを手配する(ホテルやレストランに頼む)

宿泊先のホテルや利用先の飲食店に、タクシーの手配をお願いすることも可能です。直接タクシー会社に電話をするのが不安な場合には、スタッフに頼んでみましょう。

ホテルスタッフ(Hotel staff)と Tom の会話を見てみましょう。

Tom:Could you arrange a cab for me for tonight please? 

今夜、タクシーの手配をお願いできますか?

Hoterl staff:Certainly, sir. May i have the time and your name?

かしこまりました。 お時間とお名前をいただいてもよろしいですか?

Tom:At 7:30 pm. And I’m Thomas, in room 905.

夜の7:30で。私は905号室に宿泊しているトーマスです。

Hoterl staff:Thank you. I’ll make arrangements.

ありがとうございます。では手配しておきます。

今すぐにタクシーを使いたい場合には「Excuse me. Could you please get a taxi right now?(すみません、今すぐにタクシーを呼んでくれませんか?)」と言いましょう。

タクシーに乗車する

乗車する

タクシーに乗車する際は、目的地をドライバーに伝えます。スマホのマップ機能を見せるか、目的地の住所を書いた紙を渡すとスムーズでしょう。

また支払方法やおおよその値段を予め聞いておきたい場合には、乗る前に確認することが大切です。

Would you please take me to XXX restaurant near the Eglinton station?

エグリントン駅の近くのXXXレストランまでお願いできますか?

Can you take me to the location of this screen?

この画面の場所まで行ってもらえますか?

I would like to go there in this picture. Do you know where is there?

この写真の場所に行きたいのですが、場所は分かりますか?

Excuse me. How much is the typical fare to downtown?

すみません、市街地までの一般的な運賃はいくらですか?

Please put my baggage in the trunk.

この荷物を後ろに積んでもらえますか?

Do you accept credit cards?

クレジットカードで支払うことはできますか?

I’m in a hurry. Can you take the shortest route please?

急いでいるので、最短ルートでお願いできますか?

緊張していても、無言で乗り込んでしまうのはマナー違反です。HiHello など一声かけてから乗車してください。

車内でのコミュニケーション

日本のタクシードライバーと同様に、海外のタクシードライバーも道や街に詳しい人が多いです。観光客をよく案内するという方も多く、耳寄りな情報を聞けることもあるでしょう。

友人同士で盛り上がるのもいいですが、ドライバーさんとコミュニケーションを取ってみるのもおすすめです。

How long will it take to get there?

あと何分くらいで着きますか?

Can you recommend any restaurants in the area?

この辺で、美味しい料理屋さんはありますか?

Excuse me, but could you stop by the convenience store?

すみません。コンビニエンスストアに寄ってもらうことはできますか?

Please tell me the recommended sightseeing spots in this area.

おすすめの観光地はありますか?

I want you to play the radio.

ラジオを聞かせてください。

Can I take a picture of the inside of the car?

車内の写真を撮ってもいいですか?

支払時の会話

日本のタクシーと同様に、支払い時には料金メーターに書かれた代金を支払います。料金メーターとは別で、運転手へチップを渡すのがマナーです。

How much is the fare?

運賃はいくらですか?

How much do I owe you?

いくらお支払いすればいいですか?

Please keep the change.

お釣りは、チップとして取っておいてください。

Can I have only two dollars back please?

お釣りは2ドルだけ返してもらえますか?(差額はチップです)

降車時には Thank you. とお礼を伝えるのも忘れないようにしましょう。

タクシートラブルの対処法

トラブル時に使える表現

渡航中、タクシーに関するトラブルに巻き込まれるケースは多く聞かれます。運転手としっかりとコミュニケーションを取ることで、リスクを大きく軽減することにも繋がるでしょう。自信を持って堂々と振る舞うことが大切です。

トラブルが起きた際に使えるフレーズをまとめました。

I just asked for a taxi and I’ve been waiting for 30 minutes.

先ほどタクシーを依頼して、もう30分も待っているのですが。

Would you please check what has happened?

何があったか確認してもらえますか?

It seems to be different from the place I told you.

頼んでいた場所と違うようですが。

Can you hurry up?

もう少し急いでもらえますか?

Please slow down to stay safe.

安全のためにもう少しゆっくり走ってください。

Can you turn the meter on please?

料金メーターをまわしてくれますか?

Sorry, but I will take another taxi.

すみませんが、別の車を使います。

料金メーターを回さずに、運賃を騙し取ろうとする詐欺が横行しています。メーターが回っていないと気づいた場合には、すぐに指摘しましょう。

配車アプリの利用方法

タクシー配車アプリの利用

タクシーの配車依頼ができるアプリケーションサービスも人気です。待ち時間や所要時間だけでなく、費用についても予め分かった状態で配車依頼ができるため、はじめて海外でタクシーに乗るという方でも安心でしょう。

アメリカやカナダであれば、UBER LYFT といったアプリが有名です。一方、イギリスやフランスでは GettG7 TAXI が人気といったように、国や地域によって対応しているアプリが異なります。

事前にインターネットでリサーチして、渡航先に合わせたアプリをダウンロードしておくのがおすすめです。

アプリを利用したタクシーの呼び方

アプリケーションによって多少表記の違いなどはありますが、どのアプリも使い方はほとんど同じです。今回は UBER の使い方を例に解説します。

  1. Search Destination をタップし、行きたい場所の住所を入力する
  2. 料金の見積もりや配車までにかかる時間が表示される
  3. 問題がなければ、車の種類と乗車予定の人数を選択し Request を押す
  4. タクシーが来るのを待つ

このように誰とも話すことなく、タクシーの手配&目的地を伝えることができます。アプリの使い方も決して特別難しいものではなく、直感的に操作できるシンプルな作りです。

車の種類については、何を選ぶかによって値段が大きく変わるポイント。最安値を選ぶと他の乗客と相乗りになる可能性もあるので注意しましょう。事前にクレジットカードの設定が必要なケースも多いため、確認しておくとより安心です。

配車アプリのメリットと注意点

  • 乗車地点、目的地が確実に伝わる
  • 料金が前もって分かる(ぼったくりに合わない)
  • ルートを指定できる
  • 英会話に自信がない方でも安心
  • 割引サービスやキャンペーンを行っている場合がある

慣れない地域での住所の説明は難しいものです。ある程度の英語力があっても、目的地や配車してほしいポイントが上手く伝わらないこともあります。

その点、配車アプリを使えば地図上で地点を登録できるので誤解や間違いがありません。行き方や料金についてもトラブルになることが少なく、初めて海外のタクシーに乗るという方でも安心して利用できるでしょう。

注意点は、毎回タクシー会社の車が来るわけではないという点。海外では配車元の会社に登録した一般人が、自家用車を使って他人を運ぶ仕組みがあるからです。ウーバーイーツのデリバリーサービスに似た仕組みですね。

そのため運転技術や車のクオリティに差が出ることがあります。気になる方は、タクシー会社に直接問い合わせて配車依頼をするようにしてください。

タクシーに関する知っておくべき単語・フレーズ

タクシーに関する知っておきたい単語やフレーズをまとめました。同じ意味でも複数の表現方法がある単語も多いため、いずれの言い方をされても正しく理解できるように練習しておきましょう。

  • Taxi driver / Cabbie タクシー運転手
  • Boot / Trunk トランク
  • Destination 目的地
  • Freeway / Expressway 高速道路
  • Light 信号機
  • Fare / Car fare タクシー料金
  • Flat rate 均一料金
  • Nighttime surcharge 深夜割増料金
  • Receipt 領収書
  • Boulevard 大通り
  • Seatbelt シートベルト

Could you get there by 5?

5時までには着けますか?

Can we get there in 20 minutes?

20分で着けますか?

Please drop me here.

ここで降ろしてください。

Here’s fine.

ここまでで大丈夫です。

Can you pick me up at 8 o’clock in front of the restaurant?

5時にレストラン前まで迎えに来てもらえますか?

Thank you for getting me here in time.

間に合うよう走ってくれてありがとうございます。

You can have the change as a tip.

チップとして受け取ってください。

Stop in front of ○○.

○○(お店の名前など)の前で止まってください。

まとめ

タクシーは、渡航先での細かな移動に最適です。今回紹介したフレーズや表現を覚えて、渡航をより楽しく充実したものにしてください。

それではまた、See you!

英語力を「劣化」させないために
何度でも聞ける1対1レッスンはコスパ最強
【先生を選んで、無料体験する!】

開く

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

色

英語が持つ色のイメージ

国が変わると、それぞれの「色」に対して持つイメージというのは結構違いがあるようです。今回のコラムでは、各色のイメージや色を表す単語を使ったフレーズなどをご紹介してみます…