レストランでの会話

リサとジャックがレストランで注文しようとしています。

早速その会話を覗いてみましょう。

会話「レストランで注文」

Risa and Jack are talking in the restaurant. (リサとジャックがレストランで会話をしています。)

Risa: Everything looks good. What are you going to have, Jack? (みんなおいしそう。何にするの、ジャック?)

Jack: I think I’ll have hamburger with fry. How about you? (僕は、フライドポテト付きハンバーガーにしようと思う。君は?)

Risa: That sounds good, but I feel like having an omelet. (それはおいしそう。でも私はオムレツにするわ。)

Jack: All right. I guess we are ready to order. Excuse me. (わかった。注文して良いね。すみません。)

Server: Good evening. Have you decided yet? (こんばんは。もうお決まりになりましたか?)

Risa: Yes, I’ll have an omelet. (はい、私はオムレツにします。)

Server: Would you like a drink? (お飲み物は如何ですか?)

Risa: Yes, I’d like red wine. (はい、赤ワインをお願いします。)

Server: OK. And what would you like, sir? (わかりました。お客様は何になさいますか?)

Jack: I’d like hamburger with fry and beer. (僕はフライドポテト付きハンバーガーで、ビールをお願いします。)

Server: Thank you. I’ll be right back with your drinks. (ありがとうございます。すぐにお飲み物をお持ちいたします。)

Risa: Thanks. (ありがとう。)

ワンポイント

look good:よさそうに見える

hamburger with fry:フライドポテト付きハンバーガー

sound good:よさそうに聞こえる、良さそうに思える

feel like:~したい気分だ

be ready to~:~する準備ができている

server:給仕する人

decide: 決める

yet:現在完了形の疑問文中で「もう」。 否定文中では「まだ」の意味になる。

What would you like?:何にしますか?

be right back:すぐに戻る

with your drinks:「飲み物を持って」withは「~を持って」の意味。

日本語では、敬語を使うことがとても多いです。英語にも柔らかい言い回しや丁寧に言う表現があります。
その一つが、今回登場したwouldです。Would you like~? や、 I would like~. です。
なめらかな会話には必要ですね。

今回のテーマはレストランにてです。

レストランでお客さんとウェイトレスが話しています。

さっそく見てみましょう。

会話「お客さんとウェイトレスが話しています」

At a restaurant (レストランにて)

Waitress : Good evening. Can I take your order? (こんばんは、いらっしゃいませ。ご注文をお伺いします。)

Customer : Yes, please. Do you have anything to recommend? (はい、お願いします。何かお勧めはありますか?)

Waitress : Today’s special is raw tuna. (今日のお勧めはマグロの刺身です。)

Customer : I see. I’ll have it. What kind of soup do you have? (分かりました。それにします。スープはどんなものがありますか?)

Waitress : We have vegetable soup, corn soup and mushroom soup. (野菜スープ、コーンスープ、そしてマッシュルームスープです。)

Customer : I’ll have corn soup. (コーンスープをお願いします。

Waitress : Will that be all? (それだけでよろしいですか?)

Customer : No. I’d like to have the salad and a bottle of red wine, too. (いいえ。サラダと赤ワインもお願いします。)

Waitress : What kind of dressing? We have Italian, Thousand Island and house? (ドレッシングは、イタリアン、サウザンアイランド、このレストラン特製のどれになさいますか?)

Customer : House, please. (レストラン特製でお願いします。)

Waitress : Certainly. (かしこまりました。)

ワンポイント

Can I take your order?:ご注文をお伺いします。

anything to recommend:何かお勧めのもの、recommendは勧めるの意。

today’s special:今日のお勧め

I’ll have it.:それにします。(レストランでの定番の言い方)

What kind of soup do you have?:お店の人に~はありますか?と聞きたいとき、主語は、youにする。

We have vegetable soup:お店の人が~がありますと言いたいとき、主語はweにする。

Will that be all?:allは、全ての意味。

a bottle of:ボトル一本の

house:ここではレストランのことをさす。

つ・ぶ・や・き

レストランでの会話にドキドキしたことはありませんか?<

本当はもっと言いたいことがあったのに、言えずに困ったことがあるのではないでしょうか。

もっと英語力を鍛えて、次のチャンスには思うことをしっかり伝えたいものですね。

英語を学ぶのに最適な方法は、マンツーマン【無料体験実施中!】

教科書を使って基礎から文法、検定対策などもOK。ベテラン講師だから完全初心者の人も安心。私達と一生使える完全な英語力を身につけませんか。

まずは、講師検索(無料)

関連記事(英語勉強)

S1英会話教室de勉強

朝食の会話

Hello!こんにちは、事務局佐藤です。さあ、今日も元気に英語でコミュニケーション♪今回のテーマは「朝食の会話」です。タツヤがホストファミリーと朝食をとるところで…