「休憩」を英語で表現してみよう。日常で使える便利な言い回しも紹介

  1. 会話で学ぶ英語表現

日本語では「休憩」という言葉を様々なシーンで使いますが、英語には休憩という意味をもつ単語が多数存在します。単語ごとの使い分けポイントを、例文を使って分かりやすく解説しています。

また、覚えておくと便利な「休憩」に関する鉄板フレーズもご紹介!

「休憩」を意味する英単語は多い

日本語では「休憩」という一言で様々なシーンの休みを表現できますが、英語では「時間の長さ」「何かの合間の時間なのか」「どのようなシーンで使うのか」によって単語を使い分けています。

最もスタンダードな単語は「Break」と「Rest」の2つです。この2つの単語の使い分けができるように、まずはそれぞれの意味と用法を覚えましょう。

その上で、授業・コンサートなど場面ごとに最適な単語を覚え使い分けるようにすると、英会話のレベルがワンランクアップするでしょう。

Break:休憩

休憩を意味する英単語の中でも最もスタンダードなのは「Break」です。

本来の意味は、壊す・破る・切断するなどですが、ここから派生して「仕事と仕事の間を切断する」「授業を切断して生まれた時間」ということで「休憩」という意味で使われる単語となりました。

【ポイント】

  • ランチ休憩やコーヒー休憩など、時間としては短めの休憩を意味する
  • ビジネスシーンでも使える

I’m on my break now.

私はいま、休憩中です。

She always take a break at 10am and take a coffee.

彼女はいつも10時頃に休憩をとってコーヒーを飲みます。

I need a short break before the meeting.

会議の前に少し休憩がしたい。 

Rest:休憩(長め)

Break と同じく「休憩」という意味で使われる代表的な単語が「Rest」です。

休憩と訳されることが多いですが、感覚的には「休息」に近いイメージで、しっかりと身体を休めてリフレッシュさせる長めの休憩に対して用いられることの多い単語です。

人によっては「休養」という意味でとらえることもあるため「Can I get some rest?」と尋ねると、体調が悪いのかと心配されることもあります。

【ポイント】

  • 休息、休養というニュアンスがある
  • 「時間の長さ」Rest の方が長め(仮眠やゆったりとした食事など)
  • 「物事の間かどうか」Rest にはその後に休憩前の状態に戻るという意味はない

You should get some rest tonight.

今夜はゆっくりと休憩した方がいい。

I need a rest because worked all night.

寝ずに働いたから、さすがにもう休憩。

Did you have a good rest ?

よく休憩できましたか?(よく眠れましたか?)

コーヒータイム

Take a breather:休憩(短め)

「呼吸する、息抜き」という意味のある Breather を使った表現です。ビジネスシーンでも同僚や仲間内で使うことができますが、比較的ラフな口語なのでシーンを選んで使いましょう。

「一息つく、一休み」と訳されることもあり、比較的短めの休憩を意味します。使われる頻度は多いので覚えておいて損はない表現です。

【ポイント】

  • カジュアルな口語表現なのでTPOに注意して使おう
  • ちょっとした休憩、息抜き程度の短い気分転換を意味する

I’m taking a breather now.

今、休憩中です。

Let’s take a breather over a cup of tea.

お茶でも飲んで一息つこう。

I’m thinking of take a breather at 11 o’clock.

11時になったらちょっと休憩しようと思っています。

Recess:休憩時間(かしこまった表現)

学校やレッスンの合間の休憩時間に対して使う単語です。また、国会・裁判所・議会・法廷などの休会・小休憩を表す時にも使います。

仕事や家事など自分のタイミングで取る個別の休憩に対しては使われることはほとんどありません。

【ポイント】

  • 学校の休み時間を表す時に使われることが多い
  • 国会、裁判所、議会などの「休会時間」や「小休憩」という意味もある
  • かしこまった表現で、仕事や勉強等の「ちょっと休憩」には適さない

How long is their recess?

休憩時間はどのくらいですか?

It’ll be recess soon.

直に休憩時間です。

The judge called for a recess of an hour.

裁判長は、1時間の休憩を告げた。

Intermission:休憩時間(演劇)

「休止」や「中断」を意味する Intermission も、「休憩時間」という意味で使われる単語の1つです。但し使う場面は限定的で、演劇やイベント時の、幕ごとに取る休憩時間に対して使います。

【ポイント】

  • 劇、舞台、コンサートなどの休憩時間に対して使う単語

There will be a 15 minute intermission in between.

途中、15分の休憩をはさみます。

How long is the intermission?

休憩時間はどのくらいですか?

休憩タイム

会話

EmilyとNanaが会話をしています。

Emily:Today is a very busy day right? I can’t even go to the bathroom.

今日はなんだか忙しいね。トイレにも行けないよ。

Nana:Huh? You haven’t taken a break yet?

あれ?Emilyまだ休憩行ってない?

Emily:Yeah. I’ve been working since this morning.

えぇ。朝からずっと働いているわ。

Nana:For real? I’ll do this job on behalf of you, so you should take a breather.

ほんと?代わってあげるからちょっと休憩してきなよ。

Emily:Really? Thank you, I’m gonna take 10.

いいの?ありがとう。10分だけ休んでくるわ。

Nana:When you get back, you’d better tell Tom “I need to take a lunch break”

戻ってきたら、Tomに「ランチ休憩したい」って言いに行きなね。

Emily:Yes, I’ll do so. Have you taken a lunch break yet?

えぇ、そうするわ。Nanaはもうランチ休憩したの?

Nana:Actually, I’m going to clock out in 10 minutes.

私、あと10分で退勤なのよ。

Emily:I see. Thank you for your concern. I’m going!

なるほどね。気にかけてくれてありがとう。行ってくるわ!

Nana:Bye.

いってらっしゃい。

ポイント

会話で出てきた単語や表現をおさらいしましょう。

For real? 本当?

日本語の「マジで?」に近いニュアンスで使われるカジュアルな表現です。語尾を上げずに「For real.」と言うことで「そうなんだよ…」「本当だよ。」という意味で使うこともできます。

On behalf of you 貴方の代わりに

on behalf of 〜」は、「~の代わりに」という意味の熟語です。英検やTOEICにも頻出する表現なので、是非使い方をマスターしておきましょう。

例)I thank you on behalf of my wife. 妻に代わって、お礼申し上げます。

例)I will buy that on behalf of you. 貴方の代わりにこれを買います。

Clock out 退勤、退社

タイムカードを押すことを Clock out と言うことから由来して、タイムカードの有無に関わらず仕事を終える(退勤する)ことを Clock out と表現します。

また、OutIn に変えて、Clock in とすることで「始業、仕事を始める」という意味になります。

Thank you for your concern 気にかけてくれてありがとう

相手の気遣いや心遣いに対する感謝を伝える鉄板フレーズです。心配や関心を意味する ConcernWorry と似た意味で使われますが、自分のことではなく周囲への気持ちに対して使われることが多いと覚えておきましょう。

仕事の休憩

覚えると便利な「休憩」に関するフレーズ15選

当記事で紹介した「Break」や「Rest」を使った実用的な文章から、ネイティブがよく使う表現まで、「休憩」に関する便利なフレーズを集めました。是非、そのまま暗記して日常会話にいかしてください。

I’ll get some fresh air. 

少し外の空気を吸ってきます。

I’m taking a lunch break now. 

お昼休憩中です。

Let me take a 10 minute break. 

10分間の休憩をとりましょう。

My brain is fried now. I’ll get some rest. 

もう頭がいっぱいです。休憩するね。

I’ll go back home now and get some rest. 

(具合が悪いので)かえって休憩します。

Remember take a break every couple of minutes! 

こまめに休憩してね!

Did you take your break already? 

もう休憩はとった?

You can go on your break. 

休憩していいよ。

I didn’t really get much of a lunch break. 

昼休憩が十分にとれなかった。

I’m gonna take 5. 

5分休憩します。

How about a coffee break? 

コーヒー休憩でもしませんか?

I need a little downtime now. 

一息いれる時間が欲しい。

He is taking a break at the moment. 

彼は只今休憩中です。

Fancy a cigarette? 

一服しに行かない?

We will have a comfort break. 

これよりトイレ休憩の時間をとります。

まとめ

当記事では「休憩」に関する英語表現について解説しました。基本的には Break Rest を使った表現で言い表すことができます。休憩をとる背景や時間・シーンに合わせて上手に使い分けをしましょう。

それではまた、See you!

英語力を「劣化」させないために
何度でも聞ける1対1レッスンはコスパ最強
【先生を選んで、無料体験する!】

開く

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

頭に帽子をかぶってビーチに横たわる女性。

グアムへ行く準備

Hello!こんにちは、事務局佐藤です。さあ、今日も元気に英語でコミュニケーション♪今回のテーマは「グアムへ行く準備」です。あなたはグアム在住の友人と電話…